広々とした芝生に遊具も揃う、自然に囲まれた憩いの場

東京都立砧公園

東京都立砧公園
東京都立砧公園

田園都市線「用賀」駅から徒歩20分。「東京都立砧公園」は「家族ぐるみで楽しめる公園」を造成テーマとする都市型公園である。紀元2600年記念事業として都市計画決定された大緑地を前身としており、戦時中は防空緑地、戦後は都営のゴルフ場として開放されていた。1957(昭和32)年4月1日に公園として開園して以来、平日、休日問わず多くの利用者で賑わいを見せる。

緑が気持ちいい
緑が気持ちいい

391,777.35平方メートルという広大な敷地内には、子どもからシニアまでがのんびりと過ごせる様々な施設・設備がそろう。「みんなの広場」は障害のある子どももそうでない子も楽しく遊べるさまざまな遊具がそろっている。「ファミリーパーク」は、ゆるやかな起伏をなす広場に、緑濃い芝生が敷きつめられたのびのびと過ごせる広場。天気の良い過ごしやすい日にはお弁当を食べるのも楽しそう。軟式野球場兼競技場、小サッカー場といった子どもがスポーツを楽しめる施設も整っているため、野球やサッカーに打ち込む活発な声が聞こえるのも心地よい。

子どもの遊べる遊具もそろう
子どもの遊べる遊具もそろう

コナラ、サワラ、エゴノキなどの樹林を柵で囲って保護区にした「バードサンクチュアリ」には、カルガモ、コサギなど12~13種類の野鳥が訪れる。多摩川の支流の一つ、「谷戸川」が敷地内に流れており、4つの橋が架かっているのも他の公園にはあまり見られないポイントだ。園内には、ソメイヨシノやヤマザクラなど約930本のサクラが植えられており、春になると「砧公園」はピンクに染まる。大木が多く、枝が地際まで伸びているので、目の高さでサクラを愛でることができる。5月、10月には「バラを観る会」、2月には「野鳥観察会」など、季節を味わうイベントも催される。

公園内には売店も
公園内には売店も

焼きたてパンやドリンクを購入できる売店も点在しているので、散策に疲れた際の小休止も可能。つぶあんやカスタードが入った名物「きぬた焼き」は必食の価値ありだ。ゆっくり園内を一周するだけでいい運動になる素敵な公園。このエリエで暮らしを始めたら、生活の一部として利用したい。

東京都立砧公園
所在地:東京都世田谷区砧公園1-1
電話番号:03-3700-0414(砧公園サービスセンター)
https://www.city.setagaya.lg.jp/mokuji/k..

詳細地図