神田川・専門店街・学問の街と多彩な顔を持つエリア

御茶ノ水エリアの街並み

聖橋からの街並み
聖橋からの街並み

御茶ノ水エリアは都心でも独特の街並みがみられる。JR中央線とJR総武線の「御茶ノ水」駅と神田川を渡る東京メトロ丸の内線の鉄橋と聖橋を望む風景は御茶ノ水エリアの象徴的な風景だ。

東京復活大聖堂(ニコライ堂)
東京復活大聖堂(ニコライ堂)

「御茶ノ水」駅の南には1891(明治24)年日本正教会の「ニコライ堂」が建てられ、以来、御茶ノ水エリアのシンボルとして親しまれている。

御茶ノ水エリアの周辺には多くの大学キャンパスがあり、学問の街としても発展した。「御茶ノ水」駅周辺の楽器店街、「小川町」駅周辺のスポーツ用品店街、「神保町」駅周辺の古書店街など個性豊かな専門店街も広がる。

近年は御茶ノ水エリア周辺で複数の再開発が行われ、「ワテラス」などが誕生した。JR「御茶ノ水」駅の建て替えも進められており、御茶ノ水エリアは時代の変化に合わせて、近代的な街並みに変化しつつある。

詳細地図