新宿区立の公園では最大面積を誇る副都心の緑

新宿中央公園

都市風景と豊かな緑が溶け合う
都市風景と豊かな緑が溶け合う

都営大江戸線「都庁前」駅から徒歩1分の場所にある区立公園。新宿区の公園として最大の規模の約8万8千平方メートルに及ぶ敷地内には子どもからシニアまで幅広い世代がゆったりと過ごせる設備が整っている。また、公園の周りには東京都庁をはじめ高層ビル群が立ち並ぶ。その様子はまるで砂漠にぽつんと現れるオアシスのよう。緑豊かな園内は平日も多くの人で賑わい、休日にはフリーマーケットなどさまざまなイベントが開催される。

芝生広場の様子 Photo ©2020 Nacása & Partners Inc.
芝生広場の様子 Photo ©2020 Nacása & Partners Inc.

このエリアはかつて淀橋浄水場であったが、新宿副都心建設事業の一環として計画され、1968(昭和43)年4月1日に都立公園として産声を上げた。1975(昭和50)年、東京都から新宿区に移管され、数度の大改修を経てより居心地の良い空間へと生まれ変わった。

北エリアの「眺望の森」の様子
北エリアの「眺望の森」の様子

公園は西エリア、東エリア、北エリアと大きく3つのエリアに分かれている。西エリアは小学生までを対象とした複合遊具やブランコ、砂場、すべり台などの遊具を備えた「ちびっこ広場」がある。子どもが安全に遊べるよう、入場規制を行なっている。小学校低学年以下の子どもを対象した水遊び場「ジャブジャブ池」も7月中旬から9月上旬までオープンする。

また「ちびっこ広場」の再整備も進められており、乳幼児用の遊び場や大型すべり台の設置のほか、エントランスの整備などによって、より街にひらけた魅力的なスポットに変わるだろう。

子ども達でにぎわう、西エリアの様子
子ども達でにぎわう、西エリアの様子

東エリアはフットサルコートやバスケットゴール、ランニング用トラックなど運動を楽しめる「多目的運動広場」がありオフィスワーカーのアフター5や学生などで賑わう。更衣室も備えたフットサル施設は事前登録・予約が必要なので利用の際には注意してもらいたい。

北エリアの「区民の森」の様子
北エリアの「区民の森」の様子

北エリアには豊かな緑が広がり、気持ち良いひと時を享受できる。「区民の森」にはケヤキを中心とした高木が並ぶ。また、新宿区の姉妹都市である長野県伊那市から寄贈されたタカトオコヒガンザクラが植樹されており、春には花見も楽しめる。2020(令和2)年7月にリニューアルオープンした「芝生広場」は夏芝と冬芝を組み合わせることで1年を通して青々とした美しい芝生を望むことが可能。新宿区の“平和都市宣言”を記念する「平和の鐘」も設置されている。

SHUKNOVA(シュクノバ)の「MIHARASHI TERRACE」 Photo ©2020 Nacása & Partners Inc.
SHUKNOVA(シュクノバ)の「MIHARASHI TERRACE」 Photo ©2020 Nacása & Partners Inc.

このほかにも、カフェ、レストラン、アウトドアフィットネスクラブを備えた「SHUKNOVA(シュクノバ)」や、夏も涼やかに過ごせる「新宿ナイアガラの滝」、特定非営利活動法人新宿環境活動ネットが運営する「エコギャラリー新宿」など多彩な設備がそろう。都民の憩いの場として、今後も多くの人々を癒し続けてくれるだろう。

新宿中央公園
所在地:東京都新宿区西新宿2-11 
電話番号:03-3342-4509
https://parks.prfj.or.jp/shinjuku/

詳細地図

読み込み中

あわせて読みたい。関連ページ