エリアコラム

都心へのアクセスが良く、バランスの良い住環境が整う西国分寺

西国分寺エリアは、東京都国分寺市南部、JR「西国分寺」駅周辺に広がる街。中でも国分寺市内藤は、北をJR中央線、東を府中市、南西を国立市に囲まれ、ほぼ三角形の形をしたエリアだ。最寄りの「西国分寺」駅まで徒歩約10分であることに加え、府中市との境目には新府中街道が通る。車移動の便も良い立地でありつつ、周辺には主に戸建住宅が広がっており、落ち着きある雰囲気が漂う。

国分寺市内藤付近。道路はきれいに整備されており、歩道も広く安心
国分寺市内藤付近。道路はきれいに整備されており、歩道も広く安心

歴史の薫り漂う地

西国分寺周辺にある「武蔵国分寺」は、奈良時代に多発した災害や疫病を鎮めるために全国に建立された国分寺のひとつで、隣接して国分尼寺も設けられた。その跡地は現在、国の史跡に指定され、歴史公園として整備されている。

「武蔵国分寺跡」
「武蔵国分寺跡」

また、西国分寺エリアは、関東平野西部の荒川と多摩川との間に広がる武蔵野台地上にある。武蔵野台地を構成する2段の段丘面のうち、国分寺崖線の上部にある武蔵野面にあたり、地質上、強固で安定した地盤とされている。そのため、住まいの場としても安心できる土地と言えるだろう。

便利な2路線が利用可能

最寄りのJR「西国分寺」駅には、JR中央線とJR武蔵野線が通る。東隣駅の「国分寺」駅には通勤特快や中央特快も停車するため、乗り換えをうまく利用すれば「西国分寺」駅から「新宿」駅まで約24分、「東京」駅まで約38分と、より短時間で都内主要エリアへのアクセスが可能だ。また、西へ2駅の「立川」駅ではJR南武線に乗り換えることもできる。
「西国分寺」駅からJR武蔵野線に乗れば、「府中本町」駅や「越谷レイクタウン」駅などへのアクセスがスムーズ。武蔵野線沿線には「越谷レイクタウン」や「東京ディズニーリゾート」など、商業施設やレジャースポットがあるため、休日のお出かけにも便利だろう。

「西国分寺」駅南口バスロータリー
「西国分寺」駅南口バスロータリー

バスのアクセスも良く、「多摩蘭坂」バス停や「泉町三丁目」バス停、「武蔵台学園」バス停からは国分寺・国立エリアへの路線バスが走っている。また、国分寺市が運営するコミュニティバス「ぶんバス」もエリア周辺を運行。目的や行先に合わせて民間運営の路線バスとの使い分け、ライフスタイルに合わせた便利な利用ができそうだ。

暮らしを支える買い物スポットが充実

「西国分寺」駅には駅直結の商業施設「nonowa 西国分寺」、「西国分寺レガ」があり、買い物スポットも身近に揃う。飲食店や銀行、スポーツクラブ、クリニックなどを抱える「西国分寺レガ」には大型スーパー「にしこくマイン」が入っており、食料品の購入にはうってつけ。ドラッグストアや生花店もあり、暮らしを支える存在となっている。

「コープみらい コープ国分寺内藤店」
「コープみらい コープ国分寺内藤店」

さらに、日常使いに便利なスーパーもある。「コープみらい コープ国分寺内藤店」は夜10時45分まで営業するスーパー。また、ディスカウントストア「ジェーソン 西国分寺店」やドラッグストア「クリエイト薬局府中武蔵台店」もあり、食料品や日用品の購入はほとんど身近で済ませることができる。

子育て・医療施設も揃い、安心の環境

周辺には教育施設、習い事も充実している。「やなぎ保育園」、「ポッポのは保育園」など保育園をはじめ、国立大学「一橋大学」も徒歩圏内だ。「ECCジュニア 泉町3丁目教室」や「アルファノートミュージックスクール」、「学研内藤教室」、「アルクKiddy CAT子ども英語教室国分寺市内藤校」などの習い事施設も多く揃う。また、市の取り組みとして、国分寺市内の児童館では子どもと一緒に参加できる「親子の『わ』」を定期開催している。内藤エリアから最も近い児童館「いずみ児童館」では毎週火曜日に実施しており、親子のふれあいの場としてはもちろん、親同士の交流の場としても活用されている。

image photo
image photo

医療に関しても、「崎山小児科」や「前田内科・循環器科」といった地域密着のクリニックをはじめ、「東京都立多摩総合医療センター」や「東京都立小児総合医療センター」といった中核となる病院もあるため、安心できる環境が整っている。また、駅前には診療科の異なるクリニックが複数入る「西国分寺駅前メディカルモール」もある。

豊かな自然も身近に

「内藤さつき公園」、「武蔵台第2公園」、「東児童公園(ぼんこえん)」など、子どもと日常的に利用できる公園も点在。少し足をのばせば「武蔵台公園」、「都立武蔵国分寺公園」といった大きな公園もあるので、子どもものびのび遊べる上、大人のリフレッシュにもうってつけのスポットだ。「都立武蔵国分寺公園」周辺には、「真姿の池湧水群」近くの「お鷹の道」や、「武蔵国分寺跡」付近にあり万葉集に詠まれた植物を楽しめる「万葉植物園」など、自然に親しめるスポットが充実しており、四季折々の風景を楽しむことができる。

「万葉植物園」
「万葉植物園」

西国分寺エリアでは、「西国分寺」駅南東の泉町二丁目への「国分寺市役所」移転計画や、“西国分寺式庭園都市”をコンセプトとし、景観や緑化デザインを意識した駅北口の整備計画などの話が挙がっており、今後の街の変化からも目が離せない。
周辺の住環境に加え、都心の各エリアやレジャースポットへのアクセスにも優れた西国分寺エリア。この街に暮らせば、平日も休日も充実した時間を過ごすことができるだろう。

あわせて読みたい。関連ページ