『リリーゼ練馬』周辺の子育て施設や子育て支援をレポート!

リリーゼ練馬』が建つ練馬区は、待機児童ゼロを達成し、独自の子育て支援を行うなど、子育て家族が暮らしやすい環境が揃います。そこで実際に物件周辺を歩いてみると、通学区の学校や保育園が近くにあるだけでなく、はじめて子育てをするご家族でも安心の環境が広がっていました。今回はその様子をレポートします!

子育て家族で賑わう「豊玉公園」
子育て家族で賑わう「豊玉公園」

通学区の学校が近いので安心

まず、通学区の学校へアクセスしてみると、「練馬区立豊玉南小学校」は物件から徒歩5分の近さ!通学路にはガードレールが設置されているので通学も安心です。校舎は1961(昭和36)年の開校後、2011(平成23)年に新校舎が建てられたため、外観は綺麗です。吹き抜けの図書室や屋上プール、緑化スペース、テラスなどが設置されており、開放的な環境で学習意欲を高めて過ごせそうです。

ちなみに練馬区では「学校応援団事業」が行われており、子どもたちのために地域の方々が活動しています。「練馬区立豊玉南小学校」では、安全安心ボランティアや、子どもが参加できるお祭りを主催しているほか、校舎内に「トミーズルーム」を設置。職員室ほどの広さがあり、放課後に子どもたちが安全に過ごせる場所となっています。

練馬区立豊玉中学校」も徒歩6分と近く、小学校の北側に位置しているので、子どもたちは義務教育中に馴染みのエリアで過ごせます。また、両校は小中一貫教育を推進しており、中学生が小学生の補習授業を手伝ったり、中学校の先生が小学校で授業を行うなど、特色ある活動も実施されています。

校舎が新しくてキレイ

「練馬区豊玉南小学校」
「練馬区豊玉南小学校」

小中一貫教育を推進

「練馬区立豊玉中学校」
「練馬区立豊玉中学校」


待機児童ゼロを達成!保育園や幼稚園が充実

練馬区は、2014(平成26)年から2021(令和3)年までの7年間で、保育の定員を大幅に増やし、待機児童ゼロを達成しました。物件周辺を歩いていても、それを実感できるほど多くの保育施設があります。「練馬二葉保育園」や「練馬区立豊玉第三保育園」は物件から500m圏内にあり、どちらも50年近い歴史がある園ですが、園舎は新しくなったばかりなのでキレイです。

1km圏内まで範囲を広げると、「練馬区立豊玉保育園」や「練馬区立豊玉第四保育園」といった区立の園とともに、「さくらさくみらい練馬」や「アスクとよたま一丁目保育園」、「太陽の子豊玉北保育園」など、新しい私立の園も続々と誕生しています。物件周辺は平坦な道ばかりなので、自転車での送り迎えにも適しています。

体育や絵画指導も実施

「練馬二葉保育園」
「練馬二葉保育園」

20時まで延長保育可能

「さくらさくみらい練馬」
「さくらさくみらい練馬」


幼稚園は「浄風幼稚園」が物件から徒歩10分にあり、17時まで預かり保育を実施しているので、仕事で忙しい家庭も預けることが可能です。70年近く地域の子どもたちを見守るキリスト教系の幼稚園で、制服がなく園庭が広々なので、汚れを気にすることなく外遊びができます。

インターナショナルスクール「トゥインクルスター」も徒歩13分なので、選択肢のひとつになるでしょう。プリスクールでは2歳から4歳までの子どもが週5日まで、キンダーガーデンでは未就学児が幼稚園として3年間通うことが可能です。さらにアフタースクールとして、12歳までの子どもが放課後に通えるプログラムも用意されています。

17時まで預かり保育を実施

「浄風幼稚園」
「浄風幼稚園」

アフタースクールも!

インターナショナルスクール「トゥインクルスター」
インターナショナルスクール「トゥインクルスター」


練馬区は子育て支援もバッチリ!

練馬区では、3歳以下の子どもと保護者が交流できる場として、午前中の学童クラブ室を開放しています。物件近くでは通学区の「練馬区立豊玉南小学校」で、火曜日から金曜日まで実施しているので、子育て中の親世代同士、友達を作りやすい環境です。さらに子育てのひろば「練馬ぴよぴよ」の場所も増設し、子育て家族をサポート。物件近くなら「練馬」駅南側の「練馬子ども家庭支援センター練馬駅 南分室」に子育て家族が交流できる場所を設置しています。

駅北側の複合型商業施設「ココネリ」4階にも「練馬子ども家庭支援センター練馬駅 北分室」があり、一時預かり室や子育て相談ができるアドバイザーが配置されています。ちなみに同階には「こどもほっとステーション」もあり、認可保育所や小児科、病児・病後児保育室が並んでいます。

子育て家族が集えるスポット

駅南側にある「練馬子ども家庭支援センター 南分室」
駅南側にある「練馬子ども家庭支援センター 南分室」

「練馬子ども家庭支援センター 北分室」がある「ココネリ」
「練馬子ども家庭支援センター 北分室」がある「ココネリ」


近くの公園やカフェでも子育て支援を実施

さらに練馬区では、屋外型子育てひろば「おひさまぴよぴよ」も設けられており、3歳以下の子どもと保護者が自由に外遊びを通して交流できます。物件近くなら「豊玉公園」で毎週火曜日に開催しており、2020(令和2)年からは子育て相談員も配置され、ますます快適に利用できる環境が整えられています。

さらに「練馬こどもカフェ」という面白い取り組みにも注目です。これは、区内のカフェなどで、未就学児の子どもと保護者がリラックスしながら交流し、保育士や栄養士さんなどに育児の相談もできるという取り組み。物件近くなら「ママコモハウス」や「スターバックス コーヒー 豊島園駅前店」が自転車で10分ほどですが、人気の取り組みで年々店舗数が増えているので、今後さらに利用しやすくなりそうです。

子育て相談もできます

「練馬こどもカフェ」を行う「「ママコモハウス」
「練馬こどもカフェ」を行う「「ママコモハウス」

image photo
image photo


発見ポイント!

駅北側にある「練馬子ども家庭支援センター 北分室」の様子
駅北側にある「練馬子ども家庭支援センター 北分室」の様子

  • (1)通学区の学校が近く、地域で子育てする環境が整えられている
  • (2)保育園がたくさんあるので、仕事で忙しい家庭も安心して暮らせる
  • (3)子育て家族が交流しやすい環境なので、はじめての子育てでも友達を作りやすい!