四季折々の自然を感じる

江古田の森公園

緑が美しい「江古田の森公園」
緑が美しい「江古田の森公園」

旧北江古田公園から2007(平成19)年に名称を変更、約6万平方メートルの広い公園は、中野区北部の防災公園に指定されている。園内はハナミズキの丘、里山の樹林、生物群集の生息空間のビオトープや芝生広場に池と、自然が豊か。公園を周回するランニングコースや、1周500メートルのジョギングコースもあって、区民の憩いの場となっている。

散策やジョギングを楽しむ人が絶えない「江古田の森公園」
散策やジョギングを楽しむ人が絶えない「江古田の森公園」

四季折々の自然が楽しめ、春にはアメリカハナミズキ、秋にはイチョウが色づき、敷地内の国立病院跡地の樹林が緑深く、ここが都内であることを忘れてしまいそうなほど、自然が感じられる。

また、公園内には「東京総合保健福祉センター江古田の森」という福祉施設があり、ケアハウス、特別養護老人ホーム、デイサービスセンター、訪問看護ステーション、保育園などが併設している。

江古田の森公園
所在地:東京都中野区江古田3-14 
https://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept..

詳細地図