焙煎したて、挽きたて、淹れたてを味わえる珈琲の専門店

SmB CAFE

SmB CAFE
SmB CAFE

1959(昭和34)年に創業した珈琲の卸専門店を後ろ盾にして、現在の3代目店主が2015(平成27)年にオープンさせたのが「SmB CAFÉ」だ。卸業の強みを生かし、30種以上の珈琲豆を自由自在に組み合わせることで多彩な珈琲を提供。珈琲豆は100gから量り売りしている。店内では、珈琲はもちろん、多彩な食事やドリンクのメニューが用意されている。コクの強い珈琲豆を使った「コーヒーゼリー」や、ハワイの香りを楽しめる「ハワイアンフレーバーコーヒー」は一押しだ。

SmB CAFE
SmB CAFE

ランチは、地元の人たちで賑わう。皆の目当ては、「ロコモコ」や「タコライス」などのご飯物。「珈琲に合う味付けを心がけました」と店主がいうとおり、パクパク食べれる美味しさだ。定番のホットドッグも珈琲によく合う!

SmB CAFE
SmB CAFE

お店の奥には、1回の焙煎で15kgの豆を焼くことができる焙煎機が置かれている。焙煎した時にでる珈琲のいい香りは、煙突を伝わって外へ流されるが、店内にもいい香りを届けてくれる。

SmB CAFE
SmB CAFE

「2011(平成23)年の東日本大震災の時、帰宅難民となった多くのお客さんが来てくださいました。『こんなに人の役に立つなら』と、カフェスペースの規模を大きくしました」と店主。それ以来、店内にはテーブル席とカウンター席、外にはテラス席がある。8種類ほどあるパンケーキやワッフルを食べながら、知人と楽しい時間を過ごせる場所だ。

SmB CAFE
SmB CAFE

お店は、閑静な住宅街の一画にある。地元の人たちや、近隣のビジネスマンで賑わっている。アーティストが自身のファンに向けたオリジナル珈琲を作りにくることもあるそうだ。創業時のレシピを参考に「昔懐かしの喫茶店の味わい」を再現した珈琲「中野坂上ブレンド」は、お洒落なパッケージに包まれ、手土産として人気がある。

SmB CAFE
所在地:東京都中野区本町3-31-2 
電話番号:03-3373-5255
営業時間:9:00~18:00、土・日曜日12:00~18:00
定休日:祝日
http://www.bankoku-coffee.co.jp/

詳細地図