子どもの感性と潜在能力を伸ばす科学実験教室

サイエンス倶楽部 つつじヶ丘教室

つつじヶ丘駅から徒歩2分のビル3階にある教室
つつじヶ丘駅から徒歩2分のビル3階にある教室

科学実験から広げる「体験型総合教育」を展開する科学実験教室。「サイエンス倶楽部」自体は20年以上の歴史を持つ科学実験教室のパイオニア的存在で、こちらの「つつじヶ丘教室」は2005年11月に開校。駅からは徒歩2分とアクセスも良く、アットホームな雰囲気が評判の当教室には、調布市内や世田谷区といった都内各エリアに住む幼児から中学生までの子ども達が通っている。

子ども達同士も名前で呼び合うアットホームな雰囲気の教室
子ども達同士も名前で呼び合うアットホームな雰囲気の教室

教室内にはクラスで使う実験用具が沢山
教室内にはクラスで使う実験用具が沢山

サイエンス倶楽部が目指す学習環境は、「子ども達が自ら望んで考える学習」。科学実験を体験しながら、「仮説⇒方法⇒実験⇒結果⇒考察」のプロセスを学び、人から与えられて覚える学習ではなく自分から考える学習法を子ども達は身につけていく。

色々な角度から総合的にアプローチするプログラムとオリジナルテキストを提供
色々な角度から総合的にアプローチするプログラムとオリジナルテキストを提供

学習コースは、幼児から中学生まで成長にあわせて体系的に学べるコースが豊富。物理、化学、生物、地学を段階的かつ継続的に学ぶ「基礎研究コース」をメインとし、オプションコースとして中学受験で出題される傾向が高い「実験や観察を元にした」問題に特化した「受験理科Eコース」、人工的な「もの(有形、無形)」 を発想・設計・製造・使用・廃棄・再利用するプロセスに関わる科学に特化した「ものづくり科学コース」、さらにこれからの時代に必須になりつつあるプログラミング技術を学ぶ「プログラミング×ものづくり」コースも用意。幼児期には好奇心や感覚を尊重した内容が多いが、学年が上がるにつれてよりアカデミックに、実用的な内容を学べる構成となっている。 また、実験や観察等の通常プログラムの他、スペシャルプログラムとして野外実習や海外実習も実施。一般の方も参加できる野外実習は、遠方へ赴いて化石採集や雪像作りをしたり、現地の専門家から学べる機会もあるため特に人気が高い。

2020年から必修化されるプログラミング教育への対応も万全
2020年から必修化されるプログラミング教育への対応も万全

近年、実験を楽しむ中で多くのことに気づき、よく考え、困難に出会ったときも、まずは自分の力で「なんとかしよう」と思える子に育って欲しい、との考えから入会を決める保護者が多いという。そうした想いに応えるべく、「つつじヶ丘教室」では「子どもたちが生き生きと自分たちで考えながら楽しく実験ができる場を提供する」ことを志し、実習ではのびのびと自分の意見を言うことができる雰囲気づくりを心がけている。これからますます注目される体験型教育を学べる場として、覚えておきたい学習教室だ。

サイエンス倶楽部 つつじヶ丘教室
所在地:東京都調布市西つつじケ丘3-31-5 第3エフエフビル3F
電話番号:042-490-7721
営業時間:9:30~17:30 ※受講する授業により変わる
休講日:月・火曜日
https://www.science-club.co.jp/school/to..

詳細地図