暮らしの利便性と穏やかな住環境のバランスに恵まれた武蔵野市武蔵境エリア

武蔵野市は東京都多摩地区の東端にあり、都心にアクセスしやすいながら閑静な佇ま胃に恵まれたベッドタウンとして注目されている。武蔵野市はコミュニティバスという概念を全国に広めた「ムーバス」を運行するなど、行政水準が高いことでも有名だ。武蔵境エリアは武蔵野市の西、「武蔵境」駅周辺に広がり、古くから郊外の住宅地として発展した。

近年の都市インフラ整備で利便性が向上

長い歴史を持つ「杵築大社」
長い歴史を持つ「杵築大社」

武蔵境エリアは江戸時代、幕領地で松平直政の鷹狩り場としても使われていたという。現在も「観音院」や「杵築大社」など歴史を感じられるスポットが残る。

「武蔵境」駅前の街並み
「武蔵境」駅前の街並み

1889(明治22)年に鉄道が開通すると、「武蔵境」駅も開業し、武蔵境エリアは都市としての発展を始める。1979(昭和54)年には「イトーヨーカドー 武蔵境店」、2008(平成20)年「エミオ 武蔵境」、2013(平成25)年「nonowa武蔵境」などショッピング施設も充実。2011(平成23)年には図書館などが入る「武蔵野プレイス」、2018(平成31)年には「武蔵境市政センター」などが入る「QuOLa」といった公共施設も整備された。

2009(平成20)年には「武蔵境」駅周辺の高架化が完了し、2019(令和元)年には武蔵境通りの一部区間が拡幅されるなど、交通アクセスの利便性も向上している。

JR中央線で都心直結

JR中央線と西武多摩川線の「武蔵境」駅
JR中央線と西武多摩川線の「武蔵境」駅

「武蔵境」駅に近い武蔵境エリアは交通アクセスに恵まれている。「武蔵境」駅にはJR中央線と西武多摩川線が乗り入れる。JR中央線を利用すれば「新宿」駅や「東京」駅などにダイレクトアクセス可能。隣駅の「三鷹」駅からは始発となるJR中央・総武線各駅停車や東京メトロ東西線直通電車に乗り換えできる。

「武蔵境」駅は路線バスの拠点となっており、「ひばりが丘」駅や「調布」駅など鉄道では乗り換えが必要となるエリアへのバスが発着する。武蔵野市が運行するコミュニティバス「ムーバス」も境南東循環と西循環が利用できる。「ムーバス」は運賃100円と気軽に利用できることもうれしい。

ショッピング施設や公共施設が集まる

「武蔵境」駅直結で便利な「エミオ 武蔵境」
「武蔵境」駅直結で便利な「エミオ 武蔵境」

武蔵境エリアは買い物も便利だ。「武蔵境」駅には駅直結の「エミオ 武蔵境」や「nonowa武蔵境」があり、電車を降りたらすぐに買い物が可能。「武蔵境」駅南口には「イトーヨーカドー 武蔵境店」、「武蔵境」駅北口にはにぎやかな商店街「すきっぷ通り」もある。

「武蔵野市役所 武蔵境市政センター」など公共施設が充実
「武蔵野市役所 武蔵境市政センター」など公共施設が充実

武蔵境エリア周辺には行政手続きができる「武蔵野市役所 武蔵境市政センター」や図書館などが入る「武蔵野プレイス」をはじめ、「境南コミュニティセンター」や「武蔵野市民会館」など公共施設が多く、気軽に公共サービスを活用できる。

人気の教育施設も身近

幼稚園から中学・高等学校まで揃う「聖徳学園」
幼稚園から中学・高等学校まで揃う「聖徳学園」

武蔵境エリア周辺は幼稚園や保育施設が充実し、子育てしやすい環境が整う。幼稚園から小学校、中学・高等学校まで揃う「聖徳学園」、国際性の高い大学として知られ、付属高校もある「国際基督教大学(ICU)」など人気の教育施設も多い。

武蔵境エリア周囲にはかかりつけに便利なクリニックに加え、「武蔵野赤十字病院」など高度な医療を提供する大規模病院も近く、子どもが体調を崩した際も安心だ。

緑豊かな大規模公園にアクセスしやすい

憩いの場としてにぎわう「境南ふれあい広場公園」
憩いの場としてにぎわう「境南ふれあい広場公園」

武蔵境エリア周辺には「境南ふれあい広場公園」など憩いの場として親しまれている公園も集まる。少し足を延ばせば、「井の頭恩賜公園」、「小金井公園」、「武蔵野の森公園」、「神代植物園」といった大規模公園もあり、多彩な休日を過ごせるだろう。

都心にアクセスしやすく、暮らしの利便性に恵まれ、穏やかな住環境を併せ持つ武蔵境エリア。ここでは快適な日々と満喫できそうだ。

あわせて読みたい。関連ページ