『センチュリー南葛西』周辺のレジャースポットをご紹介します!

センチュリー南葛西』は、JR京葉線「葛西臨海公園」駅が最寄となる新築分譲マンション。周辺には大規模公園、テーマパーク、水族園、キャンプ場など多くのレジャースポットがあり、休日の娯楽やリフレッシュの場には困りません。荒川や旧江戸川沿いには気持ちの良いサイクリングロードもあり、心身ともに豊かに暮らせる環境が整っています。今回は、現地に足を運んで感じた、南葛西エリアの魅力をお伝えします!

「総合レクリエーション公園」
「総合レクリエーション公園」

首都圏で人気の広大な敷地を誇る公園

まずは京葉線の南側をチェック!「葛西臨海公園」駅西口を出ると目の前に大きな公園が広がります。中央の園路を進んで行くと左手に「葛西臨海水族園」があり、その奥には広大な鳥類園が広がっています。「ウォッチングセンター」は休館中ですが、バードウォッチングは可能です。各所に設けられた観察窓には、サイクリングついでにのぞく人、大きな望遠レンズを向ける人など、多くの人が野鳥を観察していました。

大観覧車を見上げながら芝生広場やバーベキュー広場を抜けて海岸側へ移動すると、海風が吹いてきます。海岸には水上バスの発着場があり、「両国・葛西クルーズ」と「葛西・お台場周遊」を楽しむことも可能。橋を渡って隣接する「葛西海浜公園」に行ってみると、多くの家族連れが磯遊びを満喫していました。夏には海水浴体験もできるようです。

観覧車は約17分で1周

「葛西臨海公園」のダイヤと花の大観覧車
「葛西臨海公園」のダイヤと花の大観覧車

大人も子どもも大はしゃぎ

「葛西海浜公園」の「西なぎさ」
「葛西海浜公園」の「西なぎさ」


ファミリーで過ごせる自然豊かなエリア

次は「西葛西」駅から物件方面へ、約3kmにわたって広がる「総合レクリエーション公園」を歩いてみましょう。「西葛西」駅南口を出て3~4分ほど歩くと「子供の広場」があります。恐竜を模した遊具は子どもたちが大喜びしそう。大通りを渡って園路を進むと、壁泉がある円形の「虹の広場」に出ます。中央に半球状の湧泉、端には水が流れ落ちる壁泉があり、夏は清涼感たっぷり。子どもが水遊びを楽しめるだけでなく、大人も癒されます。

この先の分岐を左に行くと、細長い森の小道のような「新田の森公園」があり、のんびりと森林浴を楽しめます。自転車と歩行者で道が分かれているのも良いですね。しばらく行くと公園はいったん途切れ、左近通りを渡って少し歩くと再び緑が見えてきます。野球場や「ファミリースポーツ広場」の脇を通って環七通りを渡ったところにあるのが、四季折々の花が植えられた「フラワーガーデン」。ちょうどバラが見頃で、多くの人が訪れていました。

ジャニーズのアイドルグループが寄贈した木

「なぎさ公園」に植えられたオリーブ「ブイロクの木」
「なぎさ公園」に植えられたオリーブ「ブイロクの木」

美しい花でリフレッシュ

バラが咲き乱れる「フラワーガーデン」
バラが咲き乱れる「フラワーガーデン」


芝生広場を抜けて葛西通りを渡ると「富士公園」があり、アスレチック遊具がある場所に差し掛かると、子どもたちの楽しげな声が聞こえてきます。見晴らしの良い芝生の丘は、そりすべりにも良さそう。ポニーやヤギとのふれあいを楽しめる「なぎさ公園」には、2023(令和5)年7月に「江戸川区 角野栄子児童文学館」が開館予定です。広い園内は「パノラマシャトル」が運行されているので移動もスムーズ。


バーベキューやカヌーが楽しめる

水源に恵まれた江戸川区の魅力のひとつは、区内に多くの親水公園が整備されていること。「虹の広場」近くの分岐を右に行くとあるのが、全長530mの細長い「新長島川親水公園」です。流れに沿った小道は散策にぴったり。流れの横には水仙が2万株以上植えられていて、早春には可憐な花が小道を彩ります。水が流れる階段は、子どもにとって格好の遊び場。夏になると多くの子どもたちが集まります。

流れに沿って木立の中を進んで行くと急に視界が開け、広々とした場所に出ます。2019(令和元)年にオープンした、「新左近川親水公園」のカヌー場です。桜の名所として知られる公園で、水辺でのバーベキューやデイキャンプが楽しめる芝生広場が広がっています。「多目的カヌー場」にはレンタルカヌーがあり、初心者が手ぶらで行っても気軽にカヌー体験を楽しむことができます。

水辺の小道は散歩にぴったり

「新長島川親水公園」内にのびる水路
「新長島川親水公園」内にのびる水路

手ぶらでカヌー体験も

「新左近川親水公園」カヌー場
「新左近川親水公園」カヌー場


ショッピングや映画鑑賞も気軽に

最寄り駅のJR京葉線「葛西臨海公園」駅から1駅2分で、「東京ディズニーリゾート®」がある「舞浜」駅に到着します。「東京ディズニーランド®」や「東京ディズニーシー®」、複合ショッピング施設「イクスピアリ®」、ホテルを備えた一大リゾートが広がっています。年間パスポートをはじめ「スターライトパスポート」や「アフター6パスポート」などを利用して、大いに楽しみたいですね。うれしいことに、物件からは自転車でも無理なく行ける距離。エントランス近くにある無料の駐輪場を利用するといいでしょう。

※2022(令和4)年5月現在、多くのパスポートが販売休止中。

約140店舗が揃うモール

「イクスピアリ®」の玄関口「エントリー・プラザ」
「イクスピアリ®」の玄関口「エントリー・プラザ」

image photo
image photo


大型のショッピングモールも近場に

少し足を延ばせば、南船橋や海浜幕張のベイエリアでの買い物なども楽しめます。「葛西臨海公園」駅から「南船橋」駅までは16分。駅から歩いて数分の場所に、ファッション、グルメ、映画、アミューズメントなど約440店舗が集まる「ららぽーとTOKYO-BAY」、「IKEA Tokyo-Bay」といった大型店舗がそろっています。駅から「ららぽーとTOKYO-BAY」までは300mほど離れていますが、高架下の誘客路「ららストリート」には動く歩道が整備されているので、体感的にはもっと近い印象。屋根が付いているのも良いですね。

2023(令和5)年春には京葉線の新駅「幕張豊砂」駅が開業予定で、「イオンモール幕張新都心」や「コストコホールセール 幕張倉庫店」にもアクセスしやすくなります。なお、「イオンモール幕張新都心」の駐車場は、購入金額にかかわらず基本的に毎日6時間まで無料!マイカー利用もしやすい。

動く歩道で移動が快適

「ららぽーとTOKYO-BAY」
「ららぽーとTOKYO-BAY」

一日ではまわりきれないほどの広さ

「イオンモール幕張新都心」
「イオンモール幕張新都心」


休日のランニングやサイクリングに最適

旧江戸川や荒川・中川沿いには、東京湾岸から区の北端までサイクリングロードが整備されています。大部分が見通しの良い土手の上なので、風や日差しを受けながら気持ちよく走れるでしょう。自転車専用道路ではないので、ウォーキングやジョギングに励む人、犬を散歩させている人などもいます。船堀のスーパー銭湯「まねきの湯」に立ち寄って汗を流すなど、寄り道も楽しめそう。

堀江町付近

旧江戸川沿いのサイクリングロード
旧江戸川沿いのサイクリングロード

荒川河口付近

荒川沿いのサイクリングロード
荒川沿いのサイクリングロード


新木場エリアも身近に

隣の新木場エリアにも魅力的なスポットがいっぱい。JR京葉線「葛西臨海公園」駅から1駅の「新木場」駅の北側には、「夢の島熱帯植物館」や「BumB(ぶんぶ)東京スポーツ文化館」などがある「夢の島公園」が広がっています。南側にはゴルフ場や海釣り施設、ヨット訓練所などを備えた「若洲海浜公園」、キャンプ場やレンタサイクルセンターを備えた「江東区立若洲公園」があり、アウトドア体験を満喫できます。「若洲海浜公園」内には東京ゲートブリッジの歩道に通じるエレベーターと階段があります。

温室にはゴミ処理場の熱を利用

「夢の島熱帯植物館」
「夢の島熱帯植物館」

気軽に海釣りを満喫!

「東京ゲートブリッジ」が見える、「若洲海浜公園」の海釣り施設
「東京ゲートブリッジ」が見える、「若洲海浜公園」の海釣り施設


人気テーマパークに自転車で行けて、巨大ショッピング施設にも快適にアクセスできる、水と緑に恵まれたエリア「南葛西」。実に暮らしやすい環境でうらやましい限りです。


発見ポイント!

見晴らしの良い「富士公園」の丘
見晴らしの良い「富士公園」の丘

  • (1)緑豊かな自然溢れる公園が多く、子どもだけでなく大人も楽しめる
  • (2)カヌー、キャンプ、釣りなどを気軽に楽しめる、アウトドア派に最高のロケーション
  • (3)全体的に道幅が広く、自転車移動も安全で便利