熱視線を集める街・蔵前のおすすめスポットを紹介します!

隅田川のリバーサイドの景色や、倉庫をリノベーションしたおしゃれなお店が多いことから、「東京のブルックリン」とも呼ばれる蔵前エリア。交通アクセスが良く、浅草や上野が近いことから観光地としても人気が高い蔵前は、実は暮らす場所としても魅力的。昔ながらの職人文化と融合しながら進化を遂げる、たくさんの魅力がつまった蔵前のおすすめスポットをご紹介します。

蔵前レポート
蔵前レポート

蔵前は日本初出店の人気店や隠れ家的なお店など、様々なジャンルのグルメ店が充実しています。
蔵前にはおしゃれな店構えのグルメ店舗がたくさん軒を連ねていますが、特におすすめなのは「国際通り」沿い。老舗ベーカリーの直営店「ペリカンカフェ」、フレンチの名店「ビストロ・カンパーニュ」、隠れ家フレンチ「カナイユ」など、人気店舗が。特に「ペリカンカフェ」は平日の朝早く、開店前からお店の前に行列ができる人気店です。
もちろん、「国際通り」沿い以外にもおしゃれなお店が!ダイニングバー「プリヴァード」、イタリアンの「シエロイリオ」、隠れ家ビストロの「TROIS CUIT ASANUMA」など、人気のお店が軒を連ねています。

開店(9時)前
から行列が!

「ペリカンカフェ」の外観
「ペリカンカフェ」の外観

人気の「フルーツサンド」
人気の「フルーツサンド」


蔵前は、浅草や両国に近い立地から、和食のすてきなお店も多いです。玄米が人気の「結わえる 本店」、とんかつの「すぎ田」、ふぐの「今井総本店」、てんぷらの「蔵前いせや」など、店構えも蔵前ならでは。
「厩橋」近くにある「結わえる 本店」は、「寝かせ玄米ごはん」が健康志向な女性に人気な和食のお店。月1回お店で開催している「寝かせ玄米焚き方教室」は毎回とても盛況だそうですよ。玄米ごはんは店頭でも購入できます。

「結わえる 本店」の外観
「結わえる 本店」の外観

旬の食材が
楽しめる

“寝かせ玄米ごはん”の「ハレ箱膳定食」
“寝かせ玄米ごはん”の「ハレ箱膳定食」


蔵前は、カフェやスイーツのお店も充実しています。
「ダンデライオン・チョコレート ファクトリー&カフェ蔵前」は蔵前を代表するショコラトリー。目の前でチョコレートを作る職人さんを眺めながら、スイーツやドリンクを楽しむこともできます。持ち帰り用の商品も種類が豊富なので、お土産にも♪「CAMERA(カメラ)」や「KONCENT (コンセント) 蔵前本店」のように、カフェでの飲食と雑貨などのショッピングを同時に楽しめるお店が多いのも蔵前の特徴。「デイリーズマフィン」、「クレール ドゥ リュンヌ」といったテイクアウトにぴったりの人気店や、「コフィノワ」、「SOL’S COFFEE STAND」、「SQUARE cafe 蔵前店」など正統派なカフェも多く、「暮(class)」のように2019(令和元)年にオープンしたばかりの新しいお店も。どんどん進化する蔵前のカフェ・スイーツ事情に、目が離せません♪

店内は甘い匂いで
いっぱい♪

「ダンデライオン・チョコレート ファクトリー&カフェ蔵前」
「ダンデライオン・チョコレート ファクトリー&カフェ蔵前」

「CAMERA(カメラ)」の外観
「CAMERA(カメラ)」の外観


江戸時代から「ものづくり」の街として栄えてきた蔵前には、工房を併設した革製品専門店やこだわりのセレクトショップ、花火や玩具を扱う問屋、家具専門店なども点在しています。
文房具専門店の「カキモリ」は“書く”ことの楽しさに出会えるお店。色鮮やかで種類豊富な紙や万年筆、ボールペンに囲まれ、子どもの頃、画用紙とペンを前にわくわくした気持ちを思い出させてくれます。近くの「inkstand by kakimori」ではオリジナルインクも作れますよ!
また、「KONCENT (コンセント) 蔵前本店」は、ユニークな生活日用品をプロデュースする「h concept」によるモノづくりの発信地。「役に立つのにデザインもいい」、そんな日用品を探している方におすすめのお店です。ほかにも、革小物の「m+(エムピウ)」、北欧デザイン家具の「NOCE 浅草蔵前店」、草木染めの「Maito Design Works」など、職人のこだわりを感じられるお店が軒を連ねており、ショッピング好きな方にはたまらないエリアです。

文房具好きには
たまらないお店

「カキモリ」の外観
「カキモリ」の外観

お土産や
プレゼントに

「KONCENT (コンセント) 蔵前本店」の内観
「KONCENT (コンセント) 蔵前本店」の内観


都会でありながら、ゆったりとした時間が流れる蔵前。隅田川沿いに整備された「隅田川テラス」は、実に全長約28キロメートルで、都心の貴重な水辺空間として親しまれています。リバーサイド過ごす癒しのひとときは、朝から夕方、夜までさまざまな表情を見せてくれます。隅田川沿いには桜の名所もあり、水上バスも運行されているので、癒しのリバーサイド生活にあこがれが募ります。
ビオトープが設置された「精華公園」、動物園や美術館も人気の「上野恩賜公園」など、緑を楽しむ場所が身近なのもうれしいですね。

のんびりとした
時間が流れます

蔵前エリアの「隅田川テラス」
蔵前エリアの「隅田川テラス」

隅田川を走る「水上バス」
隅田川を走る「水上バス」


蔵前は、おしゃれなお店ばかりでなく、日常生活に欠かせない生活利便施設も揃っています。スーパーマーケット「スーパーヤマザキ 三筋店」は24時間営業で便利!「ヤマザキ製パン」グループ運営なので、自社製パンが数多く取り揃えられているのも魅力です。ほかにも、駅近で便利な「まいばすけっと 蔵前駅前店」や24時間営業の「miniピアゴ 蔵前2丁目店」など、時間を気にせず買い物ができるお店があるのは心強いですね。「蔵前」駅前には「ドラッグセイムス 蔵前3丁目店」もあるので、駅からの帰り道にさっと買い物をして帰ることができます。

24時間営業で
便利です

「スーパーヤマザキ 三筋店」の外観
「スーパーヤマザキ 三筋店」の外観

「まいばすけっと 蔵前駅前店」の外観
「まいばすけっと 蔵前駅前店」の外観


蔵前には、教育関連施設も充実しています。
蔵前のランドマーク的教育施設といえば、「台東区立蔵前小学校」。2019(平成31)年1月に新設した新校舎は、そのおしゃれな外観もさることながら、内装も機能的かつ先進的。木を多用したぬくもりのあるつくり、ディスカッションスペース、ホール、広場など、子どもたちの学習を支援する工夫が随所にちりばめられています。
「台東区立三筋保育園」、「ことぶきこども園」、「アスクくらまえ保育園」、「インターナショナル保育園 オレンジプラネット蔵前」と保育施設も多く、幼児向けの企画を定期的に開催している「寿児童館」もあり、子育てをする環境も整っています。

どこか懐かしさがある♪

「台東区立蔵前小学校」の外観
「台東区立蔵前小学校」の外観

英語のお勉強中!

「インターナショナル保育園 オレンジプラネット蔵前」の教室内
「インターナショナル保育園 オレンジプラネット蔵前」の教室内


いかがでしたか?おしゃれなグルメ店舗や雑貨店、生活に役立つスーパーマーケットや教育機関まで、様々な魅力のつまったエリアでしたね♪ぜひお気に入りのスポット発見に、蔵前の街を訪れてみてくださいね。


発見ポイント!

  • (1)国際通りを中心に、おしゃれな雑貨・家具店舗が充実!
  • (2)スイーツからビストロまで、行列ができる人気グルメがたくさん!
  • (3)隅田川沿いの美しい景色で癒される♪