”書くきっかけをつくる”。たのしく書く人のための文具店

カキモリ

自分で紙を選んで作るオリジナルの「リングノート」や、天のりタイプの「ノートパッド」をはじめ、万年筆やボールペンなど“書く”ための道具を取り扱う専門店「カキモリ」。2010(平成22)年11月のオープンより10年目を迎え、“書く”ことの楽しさを発信し続けているファンの多いお店。

“書く”ことの専門店「カキモリ」
“書く”ことの専門店「カキモリ」

「蔵前」駅から歩くこと約8分。2017年11月に移転した現在のお店は、国際通り沿いにあった以前のお店と比べると2.5倍もの売場面積があるそうで、アイテム数が充実したのはもちろん、じっくりお気に入りの文具と向き合えるくつろぎの空間が広がっている。また店内奥にはイベントスペースもあり、同店がテーマに掲げる「たのしく、書く人。」をワクワクさせる取り組みも行われている。

広々とした空間で文具とじっくり向き合える
広々とした空間で文具とじっくり向き合える

「カキモリ」のノートは、表紙や中紙を自分で選んで作る「リングノート」と剥がして使える天のりタイプの「ノートパッド」の2種類があり、一冊ずつ手作業で作られるオリジナルのノートは、“書く”ことの楽しさを強く感じさせてくれるアイテムだ。

表紙は60種類以上、中紙は30種類以上から選べる
表紙は60種類以上、中紙は30種類以上から選べる

革やコットン、PP加工を施した紙など素材や色が異なる60種類以上もの中から表紙と裏表紙を選び、さらに30種類以上ある中から用途に合わせて中紙を選ぶ。万年筆を使う方はにじみの少ない「バンクペーパー」を、写真やカードを貼ってアルバム仕様にするには「クラフト紙」など、イメージを膨らませながら紙を選ぶ時間も至福のひとときだろう。

紙のほかにもリングや留め具など細部にわたってこだわれる
紙のほかにもリングや留め具など細部にわたってこだわれる

さらに、リングの色(金・銀・銅・黒・白)や留め具の部材(ボタン・封緘・ゴム)など、細部にわたってこだわれるのも楽しく、一冊ずつ手作業によりわずか30分から1時間で製本してもらえるのも嬉しい。

万年筆とインクのセットでギフトラッピングをしてくれる
万年筆とインクのセットでギフトラッピングをしてくれる

入学や新成人、新社会人のお祝いとして買い求めに来る人も多いそうで、同店オリジナルの「透明軸の万年筆」と「オリジナルインク」のギフトセット(税込5,860円)も人気が高い。地元では、同店のノートやペンを卒業のお祝いとして贈るPTAや子供会もあるそうで、ものづくりが今なお残る台東区ならではのエピソードだ。

節目となる10周年を迎える「カキモリ」では、店内のイベントスペースを活用したワークショップも検討しているようで、HPやSNSを通じて発信される情報もチェックしておきたい。

カキモリ
所在地:東京都台東区三筋1-6-2 
電話番号:050-1744-8546
営業時間:11:00~19:00
定休日:月曜日(祝日の場合は営業)
http://www.kakimori.com/

詳細地図