何でもない日も“おいしい”と出会って笑顔に

おやつ屋Sunset(おやつ屋サンセット)

店名Sunsetは店主の名前「宵」に由来
店名Sunsetは店主の名前「宵」に由来

西武新宿線「久米川」駅から、商店街を歩くこと約5分。赤いテントが目印の可愛らしい佇まいが印象的な洋菓子店「おやつ屋Sunset」がある。日々、おいしいお菓子を求めて、近隣住民を中心に人が絶えない地元の人気店。 そんなお店を一人で切り盛りしているのは、店主の篠田宵子さん。レストランで働く傍ら、知り合いから依頼されておこなっていたお菓子作りがきっかけとなり、2015(平成27)年、ついに自身のお店をオープン。「何でもない日でも、おいしいものを」という想いの下、丁寧に手作りしたケーキや焼菓子などを販売している。

イートインスペースはなく、すべて店頭販売
イートインスペースはなく、すべて店頭販売

「食べた時においしいと思えるもの、そして何より体にやさしいもの」をという想いが込められたお菓子たちは、できるだけ安心安全な素材を用いて作られた、甘さ控えめなやさしい味わいが特徴。毎日食べても飽きない味と量だからこそ、小さなお子さんから年配の方まで誰でも楽しむことができる。

毎週異なる味を楽しめるマフィン
毎週異なる味を楽しめるマフィン

季節のフルーツを使ったケーキやロールケーキ、マフィンやパウンドケーキ、クッキーなど販売されているオーソドックスな焼菓子の中でも特に人気が高いのは、サクサクの皮の中にたっぷりのカスタードクリームがつまった土曜日限定販売のシュークリーム。また、運営形態上、焼ける量も限られる中で「いつもいろいろ楽しめるように」とメニューの一部は毎週変えて出している他、ホールケーキの販売や母の日、シーズンイベント向けの特別メニューなども提供している。

 しっとりした生地と控えめな甘さが人気「チョコバナナロールケーキ」
しっとりした生地と控えめな甘さが人気「チョコバナナロールケーキ」

そんな魅力的なお菓子はもちろん、当店が多くの人に支持される理由は人。お店を訪れる人を見ていると、篠田さんと交わす何気ない、けれど大切な日々の会話を楽しむことを含めて訪れているかのよう。日常の中でふれる、おいしいお菓子と楽しい会話。この2つの要素こそ、当店にリピーターが絶えない理由だろう。

「何でもない日に、甘いものが食べたくなったら来てもらえるようなお店」を目指しているという篠田さん。店主の想いと人柄が込められたお菓子に、何でもない日も思わず笑顔になれること間違いなしだ。

HPより3日前からの取り置き注文を受け付けている
HPより3日前からの取り置き注文を受け付けている

おやつ屋Sunset(おやつ屋サンセット)
所在地:東京都東村山市栄町2-38-4 アサヒビル1F
電話番号:090-2482-6620
営業日:金・土曜日
営業時間:13:00~18:00(なくなり次第終了)※イベント時は日程変更の場合あり
https://www.ssunset07.com/

詳細地図