地名「恩多」の由来を残す学校

東村山市立大岱(おんた)小学校

東村山市立大岱(おんた)小学校
東村山市立大岱(おんた)小学校

地名「恩多町」の「恩多」は、市制施行前には「大岱(おんた)」と呼ばれていた。東村山市立大岱(おんた)小学校は、市制前の地名を校名に残して伝える、地元の公立小学校。「久米川」駅北側から武蔵野線線路の東西に広がる住宅地にかけての地域を主な通学区に定めており、300名を超える児童が在籍している。児童の学ぶ力を育てるオリジナルメソッドなど、学校独自で先駆的な試みを多数行う学校であり、メソッドを駆使して児童の学力を伸ばす様子は書籍化されたこともある。独自の活動が称えられ、過去には「学力向上校」や「研究推進校」など数多くの指定を受けた。

東村山市立大岱(おんた)小学校
所在地:東京都東村山市恩多町4-17-1 
電話番号:042-391-8113
http://higashimurayama.ed.jp/e03-onta/

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ