生活利便性に恵まれ、自然も豊かな東村山市青葉町エリアで快適に暮らす

青々とした緑が茂る、歴史的な背景が寄り添うベッドタウン

青葉町エリアのまちなみ
青葉町エリアのまちなみ

東村山市は東京都多摩地域の北部に位置し、緑に恵まれたベッドタウンとして注目されている。東村山市の東部、西武池袋線「秋津」駅、JR武蔵野線「新秋津」駅と西武新宿線「久米川」駅の間に広がる青葉町エリアには雑木林が多く、クヌギやナラ、松などの木が青々とした葉を茂らせていることから名付けられたといわれ、今も自然が身近な住宅地だ。

青葉町エリアには江戸時代に鷹狩が行われた際、将軍家が利用したという鷹の道が通過するなど、歴史の薫りも漂う。現在、鷹の道沿いにはショッピング施設が充実し、暮らしも便利なまちになった。

5駅5路線利用可能で、都心へのアクセスも楽々

西武新宿線「久米川」駅
西武新宿線「久米川」駅

青葉町エリアには西武新宿線「久米川」駅やJR武蔵野線「新秋津」駅、西武池袋線「清瀬」駅に向かうバス路線があり、これら各駅にスムーズにアクセスできる。東村山市コミュニティバス「グリーンバス」も運行されており、「東村山」駅や「東京都立多摩北部医療センター」方面への移動に便利だ。

「久米川」駅からは西武新宿線の各駅停車のほか急行や準急も利用でき、急行に乗れば「西武新宿」駅まで最短約28分でアクセス可能。「高田馬場」駅で東京メトロ東西線に乗り換えれば「大手町」駅などへのアクセスもよい。「東村山」駅からは西武新宿線のほか西武国分寺線、西武西武園線も利用できる。「国分寺」駅などJR中央線沿線へは「東村山」駅から西武国分寺線利用がスムーズだろう。

「新秋津」駅からはJR武蔵野線が利用できる。「南浦和」駅でJR京浜東北線、「武蔵浦和」駅でJR埼京線に乗り換えれば、「さいたま新都心」駅や「大宮」駅など、埼玉県内の主要駅にも約30分の所要時間だ。

JR武蔵野線「新秋津」駅
JR武蔵野線「新秋津」駅

西武池袋線は「新秋津」駅から徒歩6分の「秋津」駅や「清瀬」駅から利用できる。「秋津」駅、「清瀬」駅ともに準急、通勤準急、快速が停車し、利用できる電車の本数が多い。西武池袋線は東京メトロ有楽町線や東京メトロ副都心線に直通運転を行っており、「有楽町」駅や「渋谷」駅などにも乗り換え不要でアクセスできる。「清瀬」駅は始発電車が多く、朝6~8時台の上り電車には2~3本の始発があるので、座って移動できるのもうれしい。

青葉町エリア周辺は新所沢街道や新小金井街道など幹線道路が充実し、カーアクセスも便利だ。新青梅街道を使えば、狭山湖・多摩湖方面へのレジャーも気軽に楽しめる。

様々な施設で子育て支援!地域で子育てをサポートしてくれる安心感

「子育てひろば」も開催される「本町児童館」
「子育てひろば」も開催される「本町児童館」

東村山市では様々な子育て支援が行われており、子育てファミリーが暮らしやすい環境が整う。「本町児童館」では乳幼児の遊び場となり、保護者が交流できる「子育てひろば」が行われているほか、「第1・第2青葉児童クラブ」では「おひさま広場」として曜日と時間を区切って乳幼児の利用に対応している。また、東村山市の小学校では授業期間中の日曜日と祝日、長期休暇中の日曜日以外にコミュニティ開放として校庭を通学区域の親子に開放している。

小学生以上の子どもの居場所、遊び場としては、「本町児童館」や「秋津児童館」があるほか、「東村山市立秋津小学校」や「東村山市立青葉小学校」では「放課後子ども教室」も行われている。東村山市では民間学童保育も続々誕生しており、「granmate(グランメイト)」では「東村山市立青葉小学校」からの自動車による送迎も行っている。2020(令和2)年開設の「ロンドなないろアフタースクール」は2022(令和4)年9月時点で「東村山市立青葉小学校」からの送迎はないが応相談とされている。

東村山市では子育て情報をまとめた『ころころネット』を運営しているのも便利だ。『ころころネット』内で配信されている「子育てママRadio」は子育てに関するエピソードを数多く紹介していることでも注目されている。

日常の買い物に便利なショッピング施設が豊富であらゆるニーズに対応

青葉町エリア周辺には「ビッグ・エー 東村山青葉店」、「業務スーパー 東村山店」など日常の買い物に便利なショッピング施設が充実。とくに大規模ディスカウントストアが近いのは便利だ。

「久米川」駅の「西友 久米川店」、「清瀬」駅南口の「オーケー 清瀬店」、「清瀬」駅北口の「西友 清瀬店」、「東村山」駅近くの「イトーヨーカドー 東村山店」と駅近くのスーパーマーケットも多く、電車を利用した際の買い物もしやすい。「秋津」駅には駅直結の「エミオ 秋津」があるほか、周辺には商店街が広がる。

自動車を使えば、「ヨークフーズ 東村山店」や「コジマ×ビックカメラ 東村山店」などが入る「東村山プラザ」、「サミットストア クルネ店」のほか多数の専門店が集まる「東久留米ショッピングセンター QURUNE(クルネ)」など大規模ショッピングモールも使いやすい。幹線道路沿いには「ケーズデンキ 東久留米店」、「ホームズ 東村山店」など大型専門店が並び、多彩な買い物ニーズを満たせる。

行政サービス窓口や24時間365日体制で対応可能な病院も徒歩圏内

東村山市役所」は「久米川」駅近くにあり、行政手続きなどもしやすい。「東村山市役所」周辺には「東村山市立中央図書館」などの公共施設も集まっており、多彩な行政サービスをワンストップで利用できる。住民票の交付など一部の行政手続きは青葉町エリア近くの「恩多ふれあいセンター」や「秋津文化センター」にある地域サービス窓口でも対応している。

24時間365日対応の救急医療も行う「東京都立多摩北部医療センター」
24時間365日対応の救急医療も行う「東京都立多摩北部医療センター」

青葉町エリア周辺には大規模医療機関が多いことも特徴だ。とくに、「東京都立多摩北部医療センター」は24時間365日体制で救急医療に対応する北多摩地域の中核病院で、休日や夜間の病気の際も心強い。内科の「黒田内科クリニック」などかかりつけに便利なクリニックも近い。

公園や遊歩道などに残された自然がとても豊かで、癒しの環境が整うまち

緑が美しい「秋津ちろりん村」
緑が美しい「秋津ちろりん村」

青葉町エリアには「青葉町1丁目第4仲よし広場」など子どもの遊び場に適した規模の公園が多い。「矢嶋公園」や「秋津ちろりん村」など比較的広い公園もあり、緑も身近で感じられる。

青葉町エリアの西を流れる空堀川沿いは遊歩道が整備されている区間もあり、サイクリングや散策を楽しめる。桜並木もあり、春には花見スポットとしても親しまれている。水は清らかで魚や昆虫も生息し、鳥も飛来するなど自然も豊かだ。子どもたちには水遊びの場としても人気が高い。

青葉町エリアの東を流れる野火止用水沿いは自然型護岸で、多くの草花に覆われている。かつては野火止用水に精米や製粉用の水車があり、「恩多野火止水車苑」にはそのひとつが再現されている。

交通アクセスや買い物が便利で、子育て環境もよく、自然も豊かな青葉町エリア。ここでは穏やかな暮らしをたのしめそうだ。

生活利便性に恵まれ、自然も豊かな東村山市青葉町エリアで快適に暮らす
所在地:東京都東村山市 

あわせて読みたい。関連ページ