野菜・素材を楽しむ食材実感イタリアン

Farm to table De salita(ファーム・トゥ・テーブル デサリータ)

JR中央線・西武国分寺線・西武多摩湖線「国分寺」駅から歩いて5分の多方面から便利な場所に位置する「Farm to table De salita(ファーム・トゥ・テーブル デサリータ)」。上階には焼肉店や寿司店が入る飲食ビルの1階にある、野菜をたくさん楽しめるイタリアンの店だ。

高い天井の開放感ある店内
高い天井の開放感ある店内

厳選した野菜を仕入れている
厳選した野菜を仕入れている

明るい店内
明るい店内

テーマは店名が示すとおり「農園からテーブルへ」。全国から旬で、かつ朝採れの新鮮な野菜を探して仕入れ、素材の味を活かしたイタリアンに仕立て上げている。その時々に合わせて、感性と優れた目利きにより仕入れているので、季節を感じる野菜がたくさんテーブルに並ぶことになる。

野菜たっぷりのポトフ
野菜たっぷりのポトフ

大人数にも対応できる広々とした店内
大人数にも対応できる広々とした店内

ランチタイムには、野菜がブッフェスタイルで好きなだけいただくことができる。これにピザやパスタのメイン料理、スープ、デザート、ドリンクが付く。体にうれしい野菜がたくさん摂れるとあって、女性にはとても人気だ。

ピザ窯でこんがりと
ピザ窯でこんがりと

野菜たっぷりのピザ
野菜たっぷりのピザ

夜のメインは種類豊富なピザ。全部で20種類前後もあり、ピザの上に乗る具材はもちろん野菜がたっぷり。「パプリカのピッカンティーナ」や「茄子のメランツァーネ」、「ルッコラサラダのピッツァ」、「レンコンのジェノベーゼ」、「ブラウンマッシュルームのフンギ」など、通常ではピザに取り入れられないような野菜を使用したものもある。

自家製サングリア
自家製サングリア

ドリンクも種類豊富
ドリンクも種類豊富

肉料理も充実している。鶏肉から豚肉、牛肉とそろっているが、人気は「岩中豚のTボーンステーキ」。200グラム余りのボリュームで、男性でも満足な一品だ。もちろん、「Royal Farmから届いた厳選野菜の窯焼き」で、野菜そのものの美味しさをじっくり味わうことも忘れないでほしい。

外観
外観

雰囲気ある店内
雰囲気ある店内

「Farm to table De salita」のもうひとつのこだわりは“自家製”。「自家製ジンジャーエール」やそれらを用いたモスコミュールやハイボールなど。また、サングリアやレモネードなども自家製で用意している。これも、美味しい野菜や果物を仕入れられるからできることだろう。ワインの品ぞろえもしっかりしているのでついついアルコールを飲んでしまいがちだが、機会があったら是非、ベジスムージーを飲んでみてほしい。ホウレンソウとバナナ、りんごが入った“グリーン”や、ブルーベリー、ラズベリー、フランボワーズの3種類のベリーとオレンジが入った“トリプルベリー”など。これこそ「Farm to table」たる一品だと唸らせてくれる。

店内の様子
店内の様子

店内の様子
店内の様子

店内はとても落ち着いた空間で、少し敷居が高いイメージも持ってしまいそうだが、そこはカジュアルイタリアン。店内は100席もの広さがあり、飲み放題付きのコースメニューも店が自信を持って用意している。仲間で賑やかに訪れて、その非日常的な空間を思い切り楽しんでみてはいかがだろう。

Farm to table De salita(ファーム・トゥ・テーブル デサリータ)
所在地:東京都国分寺市本町2-14-3 ロイヤルビルディング1F
電話番号:042-312-0444
営業時間:11:30~15:00、17:00~24:00
定休日:なし
http://royal-dining.com/portfolio/37252

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ