LIFE STYLE vol.1

都心出勤も在宅ワークも快適に。喜多見の平日ライフスタイル

image photo
image photo

小田急線「喜多見」駅からは、ターミナル「新宿」駅まで直通16分。都心に出やすいアクセス利便性もありながら、近所には温かみのある商店街や地域に寄り添う飲食店などが揃い、親しみを感じられるのも喜多見エリアの魅力の一つです。そんな街で、快適な毎日を過ごす、あるファミリーの平日の様子をご紹介します。

時計

07:00

起床・朝食

朝食イメージ
朝食イメージ

朝食は、毎日家族みんなで。老舗の「ロワール」や2021(令和3)年6月にオープンした「ラ・パン」など、喜多見駅周辺のパン屋さんのおいしいパンを主役に。「いただきます!」

時計

08:00

パパ、大手町のオフィスへ出勤

「喜多見」駅
「喜多見」駅

パパは今日は週何度かの出勤日。途中で子どもを保育園に送りながら、自宅から徒歩8分の「喜多見」駅へ。東京メトロ千代田線相互乗り入れでオフィスのある「大手町」駅まで30分程度で通勤できる。

時計

09:00

ママ、在宅ワークを開始

image photo
image photo

私は家事を一通り済ませて、在宅ワークにとりかかる。今日は気分を変えてマンションの「エントランスラウンジ」で作業。リモートワークにも対応していてありがたい居住環境。

時計

12:30

昼休憩は近所でランチ

Bistro Nagamine(ビストロ ナガミネ)
Bistro Nagamine(ビストロ ナガミネ)

昼食は近所の「Bistro Nagamine(ビストロ ナガミネ)」でテイクアウト。カフェ「プッシュプル」や、カレーの名店「ビートイート」など、ランチ利用できる飲食店も豊富で、在宅ワーク日のちょっとした楽しみになっている。

時計

17:00

子どものお迎え&駅前で買い物

サミットストア 喜多見駅前店
サミットストア 喜多見駅前店

仕事を終えて、子どものお迎えに。帰りがけに駅前にある「サミットストア」で夕食の食材を購入。「信濃屋」「たぐちフーズ」「業務スーパー」など、複数のスーパーがあるので賢く使い分けしている。

時計

19:00

家族団らん

「成城アルプス」のスイーツ
「成城アルプス」のスイーツ

子どもと夕食を摂っていると、パパが帰宅。「成城学園駅で降りて、運動もかねて自宅まで徒歩16分ほど歩いて帰ってきたよ。」とのこと。「成城アルプス」のスイーツを買ってきてくれたので、食後のお楽しみに。

<ママの一言>

小田急線は「新宿」駅直通や、「下北沢」駅で井の頭線乗り換えで「渋谷」駅まで最短11分などターミナル駅に出やすく、千代田線にも相互乗り入れしているため「表参道」駅や「大手町」駅へも1本で移動できます。その一方で、住む街として人気の世田谷らしい、活気ある商店街や子育て施設など、利便性と住み心地を兼ね備えた環境も魅力です。