都心にアクセスしやすく、買い物が便利で、緑も豊かな狛江市岩戸北三丁目

東京都多摩地域の東部に位置する狛江市は東京都の市では最も小さく、全国でも2番目に小さい。このため公共施設やショッピング施設がまとまり、使いやすいことが魅力だ。近年は「音楽の街-狛江」「絵手紙発祥の地-狛江」「多摩川戦隊コマレンジャー」など官民一体となって街の活性化を行っていることでも注目されている。小田急小田原線の「喜多見」駅と「狛江」駅の間に広がる岩戸北三丁目は狛江市の中でも東部にあたり、市外局番が「03」とされているなど、世田谷区と文化的にも地域的にも密接な関係にある。

複々線化完了で利便性が向上した小田急小田原線

小田急小田原線「喜多見」駅
小田急小田原線「喜多見」駅

岩戸北三丁目は小田急小田原線の「喜多見」駅と「狛江」駅の両駅を利用できる。「喜多見」駅から小田急小田原線に乗れば「下北沢」駅や「新宿」駅にダイレクトアクセス可能。一部の電車は東京メトロ千代田線に直通し、「表参道」駅や「大手町」駅方面にも乗り換えなしで移動できる。下り電車に乗れば、箱根や江の島などのリゾートエリアへのアクセスも可能だ。

準急も停車する「狛江」駅
準急も停車する「狛江」駅

小田急小田原線では、輸送力の強化として、「東北沢」駅から「和泉多摩川」駅間約10.4kmで複々線化事業を進めてきた。

この事業は、狛江地区、世田谷地区、下北沢地区の3つに分けられて順次行われ、狛江地区では1995(平成7)年に立体化、1997(平成9)年に複々線化が完了している。そして、2018(平成30)年には下北沢地区も複々線化が完了し、併せて「狛江」駅には準急が停車するようになった。

小田急電鉄によれば、ラッシュピーク時に最大14分の所要時間短縮や、東京メトロ千代田線との直通列車を増発するなど、利便性が大幅に向上している。

近隣にスーパーマーケットが充実

「喜多見」駅前にあり便利な「サミットストア 喜多見駅前店」
「喜多見」駅前にあり便利な「サミットストア 喜多見駅前店」

岩戸北三丁目は買い物も便利だ。「喜多見」駅前の「サミットストア 喜多見駅前店」、「狛江」駅前の「Odakyu OX 狛江店」などスーパーマーケットが充実するほか、「喜多見商店街」や「狛江駅前商店街」など商店街も広がり、日常の買い物を身近で済ませることができる。エリア東側には家電量販店を併設する大規模ショッピング施設「ニトリ 狛江ショッピングセンター」もある。

小田急小田原線に乗れば、「小田急百貨店 新宿店」などが集まる新宿エリア、個性的なショップが集まる下北沢エリア、おしゃれなショップが集まる成城学園前エリアなど人気のショッピング施設での買い物を気軽に楽しめる。「二子玉川ライズ」など大規模ショッピング施設が集まる二子玉川エリアへは約4kmの距離にあり、自転車や自動車でアクセスしやすい。

また、「サミットストア 喜多見駅前店」前の通りには、かかりつけに便利な各科のクリニックや調剤薬局が入るクリニックビルが複数あり、体調を崩した際も安心だ。

人気の教育施設に通いやすい

「狛江市立駄倉保育園」など子育て施設が充実
「狛江市立駄倉保育園」など子育て施設が充実

岩戸北三丁目周辺には「狛江市立駄倉保育園」をはじめ子育て施設が揃う。狛江市では子育てに関するポータルサイトとして『こまえ子育てねっと』『こまえスマイルぴーれ』を運営しており、子育てに関する情報を簡単に入手できることもうれしい。

小田急小田原線沿線には「国本学園」をはじめ、「成城学園」、「東京都市大学付属小学校」、「鴎友学園」など人気の教育施設が多く、教育に関する選択肢に恵まれている。

豊かな自然が身近

水遊びを楽しめる「岩戸川緑地公園」
水遊びを楽しめる「岩戸川緑地公園」

岩戸北三丁目周辺は湧水が見られる国分寺崖線沿いや野川沿いなど自然に親しめるスポットにも恵まれている。「岩戸川緑地公園」では水遊びを楽しめるほか、「きたみふれあい広場」には遊具が揃い子どもがのびのびと遊べる。多摩川沿いや野川沿いには遊歩道が整備されており、散策やサイクリング、ジョギングを楽しむ人も多い。

都心にアクセスしやすく、買い物が便利で、教育・子育て施設が充実、自然も身近な狛江市岩戸北三丁目。ここでは理想的な暮らしを満喫できるだろう。

あわせて読みたい。関連ページ