オリーブ牛のグリルと自然派ワインのビストロ

oliver (オリバー)

自然派ワインと、香川県の大地の恵みが味わえる「oliver (オリバー)」
自然派ワインと、香川県の大地の恵みが味わえる「oliver (オリバー)」

東京メトロ「神保町」駅A5出口から徒歩2分、飲食店が連なる路地に佇むかわいらしいビストロ「oliver (オリバー)」。ここでは、香川県小豆島出身のオーナーシェフが奏でる、フレンチをベースにした料理と自然派ワインが楽しめる。テーブル席3つと、オープンキッチンが見えるカウンター5席のこじんまりとした明るいビストロだ。

オリーブをイメージさせる外観
オリーブをイメージさせる外観

店名の「oliver(オリバー)」は、小豆島の名産品オリーブや、「オリーブ牛」などからとったという。オリーブ牛とは、香川県の讃岐牛に、オリーブオイル搾油後の果実を与え育てたもの。コクがありながら、さっぱりとした味わいで、肉質はとってもやわらかいのが特徴だ。

明るい笑顔が印象的なオーナーシェフの高橋さん
明るい笑顔が印象的なオーナーシェフの高橋さん

「香川県や小豆島は食材の宝庫なんです」と話すオーナーシェフの高橋さん。「日本のオリーブ栽培発祥の地で有名だが、「オリーブ牛」や「オリーブ夢豚」といったおいしいお肉や瀬戸内の海の幸のある地域でもあります」と、香川のおいしい食材をもっと知ってもらいたいと、2019年にオープンした。

オリーブ夢豚のパテドカンパーニャ
オリーブ夢豚のパテドカンパーニャ

フレンチをベースにしたビストロで、メニューはワインとよく合う料理がずらり。ワインはフランス、イタリアなど世界各国から集めた自然派ワインが楽しめる。

前菜のおすすめは、オリーブ夢豚のパテ・ド・カンパーニュ。「オリーブ夢豚」に鶏のレバーを加えた冷製のテリーヌで、2cmはあろうかというボリュームに感動!

入りやすいカジュアルな雰囲気の店内
入りやすいカジュアルな雰囲気の店内

メインメニューでのいちばん人気は、オリーブ牛のグリルで、オーダー後に肉を切り調理するという。「表面を焼いた後、オーブンでじっくり焼き、寝かしの時間を繰り返し作るので、40分程かかりますが、出来立てがいちばんおいしい」そう。作り置きはしないというこだわりも。やわらかで脂のサシが多いモモ肉は、とろけるような食感で、待ってでも食べたい逸品だ。ぜひ、自然派ワインと、香川県の大地の恵みを味わってもらいたい。

oliver (オリバー)
所在地:東京都千代田区神田神保町1-32-13  ミマツビル1F
電話番号:03-5577-6531
営業時間:11:30〜14:00、17:00~23:00 土曜は15:00~22:00
定休日: 日曜日、祝日
https://www.instagram.com/oliver_jimboch..

詳細地図

読み込み中

あわせて読みたい。関連ページ