この街を知るコラム

旧中山道の宿場町のにぎわいを受け継ぐ住み心地のよい街、板橋区仲宿の魅力

住宅街が広がる板橋区仲宿エリアは、池袋、新宿に近く、都心へのアクセスが良好。幹線道路が通る交通の要所でありながら、かつての旧中山道の宿場町として栄えた板橋宿のにぎわいは、今も駅周辺に連なる商店街などに引き継がれており、日常生活に必要な施設や買い物施設にも恵まれている。また利便性の高い生活環境と合わせて、子育て施設や子育て支援も充実しているので、ファミリー層にもおすすめの街だ。

江戸時代のにぎわいを残す、住環境の整う街

「板橋」
「板橋」

板橋区には340を超える公園が点在。板橋十景にも選ばれた板橋エリアに流れる「石神井川」は、春には桜の名所として知られており、季節には多くの人が訪れる。板橋区仲宿は板橋区の南東側に位置し、北部に東京都道18号線(環状七号線)、西部に首都高速5号線池袋線が通り、南部に石神井川が流れている位置にある。自然を感じられるエリアで、マンションや戸建て住居など住宅街が広がっている。
板橋区の北東には国道17号が通り、それに沿って江戸時代に整備された旧中山道も通っている。旧中山道の始点となる日本橋を出発して最初の宿場町となる板橋宿は、当時大変栄えていたと言われている。

石神井川と桜
石神井川と桜

中山道は江戸と京都を結ぶ街道で、板橋宿には加賀藩下屋敷(本拠地は現在の石川県金沢市)があったため、「金沢小学校」「加賀二丁目公園」など、加賀藩ゆかりの名称がつけられていると言われるスポットも多い。下屋敷は御殿、回遊式庭園、田畑や竹林まである広大な屋敷で、藩主前田家の参勤交代の際には大名たちが休憩、狩猟、宴遊会などに訪れていたのだそう。今でも「仲宿商店街」、「板橋宿不動通り商店街」、「板橋本町商店街」など、旧中山道沿いの商店街に、そのにぎわいが引き継がれている。

電車、バスを利用して気軽に池袋へ

板橋区には、JR埼京線、都営三田線、東京メトロ有楽町線・副都心線、東武東上線の5本の路線が通る。中でも利便性が高いのが都営三田線。仲宿エリアの最寄りである都営三田線「板橋区役所前」駅からは、「大手町」駅まで直通18分、「池袋」駅まで4分、「新宿」まで10分と都心部へのアクセスは抜群。三田線は、都内の他の主要路線と比較すると混雑率も低いと言われているため通勤も快適。区内には「帝京大学 板橋キャンパス」や「日本大学 医学部キャンパス」などの有名大学も点在しており、通学にも便利だ。

「板橋区役所前」駅
「板橋区役所前」駅

また、巨大ターミナルの「池袋」駅まで約3.6㎞、「新宿」駅まで約9.1㎞と都心に近いため、アクセスも容易。「板橋区役所前」駅や、板橋区本町周辺の「大和町(板橋本町駅)」や「上宿」、「中宿」、「板橋区役所」バス停などから路線バスで池袋方面へダイレクトに約20分で到着可能。平日昼の時間帯には1時間に6本ほどの運行と、本数も頻繁に出ている。

再開発事業が進行する池袋駅周辺(池袋西口公園完成予想イメージ・豊島区提供)
再開発事業が進行する池袋駅周辺(池袋西口公園完成予想イメージ・豊島区提供)

前述したように、都心も近いためタクシーを利用すると「池袋」駅から仲宿エリア間は1,500~2,000円ほどで移動することができる。

エリア周辺には活気ある3つの商店街が連なる

仲宿商店街
仲宿商店街

「板橋区役所前」駅から本町エリア間の旧中山道沿いには食料品や生活用品など多彩な店舗が約140店も並ぶ「仲宿商店街」をはじめ、「板橋宿不動通り商店街」、「板橋本町商店街」が連なる。自転車などで足を伸ばせば、区内最大のアーケード商店街「ハッピーロード大山商店街」や、「十条銀座商店街」なども便利だ。

ハッピーロード大山商店街
ハッピーロード大山商店街

スーパーマーケットも複数あり、仲宿商店街の「ライフ 仲宿店」は深夜1時まで営業しているため、仕事などで帰宅が遅くなった日も利用できて便利だ。他にも「よしやセーヌ 仲宿店」、「まいばすけっと 板橋宿店」などが徒歩圏にある。また、「ココカラファイン 仲宿二番店」「マツモトキヨシ 仲宿店」などドラッグストアも点在。学習塾、美容院、医療機関もあり、幅広い用途で商店街を利用できる。

全国6位の子育て支援・施設の充実度。家族で遊べるスポットも

板橋区仲宿周辺は子育て施設も充実している。園庭に果実の樹木がある「板橋区立板橋保育園」、旧中山道沿いにある小規模園「板橋区立仲宿保育園」、モンテッソーリ教育を取り入れている「あすなろ保育園」、家庭的な雰囲気の「あいあい保育園」など保育園が多数点在している。

「帝京幼稚園」
「帝京幼稚園」

近くには、年齢別プログラムや乳幼児向けのおはなし会、子育て相談など、多彩な子育て支援事業が魅力的な「CAP’S氷川児童館」や「板橋区立いたばしボローニャ子ども絵本館」などの公共施設、「本町児童遊園」「東板橋公園」などの公園や、「トランポリンパーク・トランポランド東京」など、子どもと一緒に家族で利用し楽しめる施設も豊富だ。

東板橋公園
東板橋公園

また、区の子育てサポートも充実しており、全国の主要市区162自治体を対象に日経DUALと日本経済新聞社が共同で実施した「自治体の子育て支援に関する調査」の結果を基に作成された、「日経DUAL 共働き子育てしやすい街ランキング2018」で板橋区は全国6位に。23区では新宿区、千代田区に次いで3位であり、今後、さらなる子育て環境の充実が期待できる。

例えば板橋区内に住む2歳未満の子どもがいる保護者には、子育て世帯を応援する利用券「すくすくカード」を配布している。このカードで、スポーツクラブや赤ちゃんカフェ、産後プログラムの利用など、さまざまな特典やサービスを受けることができる。

買い物、子育て、リフレッシュ、と様々な面で安心・充実の環境が整う板橋区本町。この街に暮らせば、落ち着きがありつつ利便性も十分に享受できる生活を送ることができるだろう。

あわせて読みたい。関連ページ