東京都心にあって、海と緑を身近に感じられる街 浜松町・竹芝エリア

東京の中でも、先進的で洗練されたエリア

港区芝地区の浜松町・竹芝エリア 上空写真
港区芝地区の浜松町・竹芝エリア 上空写真

東京23区のほぼ中央に位置し、千代田区、中央区とともに都心3区に数えられる港区。虎ノ門や浜松町などビジネスの中心地とも言える芝地区のほか、4つのエリアに分けられている。

六本木など洗練されたイメージの麻布地区、古くから華やかに栄えてきた赤坂地区、歴史と趣を感じる高輪地区、そして、自然豊かなベイエリア芝浦・港南地区だ。

芝地区のなかでも浜松町エリアは、多くの大規模再開発が進められている「東京」駅から「品川」駅間のほぼ中央に位置し、23区内でも重要な役割を担っている。

また、都心でありながら海に近く、歴史ある庭園の緑も存分に感じられる、港区の中でも稀有なエリアだ。

さらなる開発で今後の利便性向上も期待

2020(令和2)年1月に完成した「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」
2020(令和2)年1月に完成した「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」

浜松町エリアに隣接する虎ノ門エリアでは、2014(平成26)年に完成した「虎ノ門ヒルズ 森タワー」の誕生を機に大規模再開発が進められ、2020(令和2)年1月に「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」が完成。2023(令和5)年度には東京メトロ日比谷線「虎ノ門ヒルズ」駅と一体で開発されている「(仮称)虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」も誕生する予定で、エリア一帯のさらなる利便性向上が期待されている。

歴史ある「世界貿易センタービル」が間もなく解体され、大規模な開発を迎える
歴史ある「世界貿易センタービル」が間もなく解体され、大規模な開発を迎える

また、浜松町エリアでも複数の大規模再開発が予定され、「浜松町」駅から「東京ポートシティ竹芝」へは歩行者用デッキが直結されるほか、「浜松町」駅隣接の「世界貿易センタービル」の再開発も進行中だ。「浜松町ビルディング」と「東芝浜松町ビル」を建て替える「(仮称)芝浦一丁目計画」も進められ、さらに利便性が高まることが期待されている。

4駅6路線利用で、都心主要部にダイレクトにアクセス

主要ターミナル駅にもアクセスしやすい「浜松町」駅
主要ターミナル駅にもアクセスしやすい「浜松町」駅

浜松町エリアは、交通アクセスの利便性も高い。徒歩圏内には「浜松町」駅、「モノレール浜松町」駅、「大門」駅、「竹芝」駅があり、4駅6路線を利用可能。「浜松町」駅からはJR山手線やJR京浜東北線を利用でき、「東京」駅まで7分、「品川」駅まで7分と、ターミナルにも近い。

都営大江戸線「大門」駅からは、「六本木」駅まで7分、「新宿」駅まで17分と、主要なエリアにダイレクトアクセスできる。東京モノレールを利用すれば「羽田空港」まで直通で、飛行機の利用にも好都合だ。

流れる四季を感じる、緑のオアシス

「浜離宮恩賜庭園」の風景
「浜離宮恩賜庭園」の風景

「浜松町」駅周辺では、四季の移ろいも身近に感じることができる。歴史ある庭園、「浜離宮恩賜庭園」や「旧芝離宮恩賜庭園」では、都心の街並みを感じながら、自然の潤いを享受できる。

駅の西側に位置する「芝公園」は、1873(明治6)年に日本で最初の公園に指定された歴史を持ち、園内にはクスノキ、ケヤキ、イチョウなどの大木が残る。「東京タワー」を目の前に望むこの公園は、現在も都会のオアシスとして親しまれている。

上質で多彩な施設が揃うウォーターフロント

2020(令和2)年9月完成した、「東京ポートシティ竹芝」
2020(令和2)年9月完成した、「東京ポートシティ竹芝」

浜松町エリアの一角、「浜松町」駅からすぐ東に位置する海岸一丁目でも、新たなまちづくりが進んでいる。2020(令和2)年9月には、オフィスや住宅が入る超高層ビル「東京ポートシティ竹芝」が完成した。また、2020(令和2)年10月には竹芝ウォーターフロント開発としてショッピング施設や劇場、ホテルを備える「WATERS takeshiba(ウォーターズ竹芝)」が開業し、浜松町エリアの中でも、ベイサイドの魅力を存分に楽しめる場所となっている。

2020(令和2)年開業の「WATERS takeshiba」の様子
2020(令和2)年開業の「WATERS takeshiba」の様子

さらに、海岸一丁目では暮らしを彩る施設も揃う。「東京ポートシティ」には会員制シェアオフィスをはじめ、「竹芝グルメリウム」、「みなと横丁」などのショップやグルメな店が集まる。

「WATERS takeshiba」は「浜松町」駅北口から徒歩5分の位置にあるウォーターフロントの複合施設だ。ショッピング施設「アトレ竹芝」内にはラグジュアリーなレストランやラウンジもある。「四季劇場[春]・[秋]」をはじめとする文化・エンターテイメント施設、クリニックなども揃い、上質な暮らしを叶えてくれる。

「WATERS takeshiba」内の「メズム東京」のほか、「ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ」や「アジュール竹芝」など洗練されたホテルも多く、ホテル内のラウンジやレストランによる上質なサービスを日常的に利用できるのも魅力だ。

「メズム東京」内のパブリックスペース、バー&ラウンジ Whisk
「メズム東京」内のパブリックスペース、バー&ラウンジ Whisk

「竹芝地区船着場(WATERS takeshiba前)」や「竹芝客船ターミナル」、「Hi-NODE」など、ベイエリアならではのクルーズは、手軽に贅沢な時間を与えてくれる。その他、下町情緒あふれる屋形船の乗船場もあり、先進的な利便性と歴史の趣が相まったエリアといえよう。

JR山手線駅徒歩5分圏内にあり、都心の緑に恵まれ、海辺も近い。この3つの要素を叶えられるのは海岸一丁目エリアだけだ。都心、緑、海の非日常な暮らしを実現する海岸一丁目エリアなら、上品でいてアクティブな暮らしを満喫できるだろう。

東京都心にあって、海と緑を身近に感じられる街 浜松町・竹芝エリア
所在地:東京都港区 

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ