エリア概要コラム

豊かな自然に囲まれ、閑静な邸宅街が広がる杉並区浜田山エリア

善福寺川沿いの風景
善福寺川沿いの風景

浜田山エリアは、北側に流れる善福寺川と南側に流れる神田川にの間にあり、高度経済成長期以降に宅地分譲が盛んに行われるようになると、都内屈指の高級住宅街へ成長した。都心であることを忘れさせてくれる善福寺川沿いの歩道は、豊かな自然が季節を感じさせてくれる。

新宿・渋谷・吉祥寺・阿佐ヶ谷まで広い生活圏

京王井の頭線「浜田山」駅外観
京王井の頭線「浜田山」駅外観

最寄り駅の京王井の頭線「浜田山」駅は、都心へのアクセスが便利だ。吉祥寺はもちろん、渋谷や新宿などの都心へ15分弱で行けるため、都心でのショッピングも気軽に楽しめる。杉並区の南北を結ぶコミュニティバス「すぎ丸」を利用すれば、JR「阿佐ヶ谷」駅まで20分ほど。日々の生活圏が広がるだろう。車での遠出も気軽なロケーションで、「高井戸」ICが利用可能、羽田空港へのアクセスも便利。「東京・用賀」ICを利用すれば箱根などのレジャーも快適だ。

「浜田山メインロード商店街」
「浜田山メインロード商店街」

駅前にはスーパーマーケットなどの買い物施設が集積しており、普段使いに便利だ。駅前から井の頭通りに向かって続く「浜田山メインロード商店街」は、「成城石井」や「西友」、人気のパン屋などがあり、ハロウィンイベントなどの催しも定期的に開催される賑わいあふれる商店街だ。駅前を横切る「浜田山壱番街商店会」には、「コモディ・イイダ」や人気ラーメン店などが並び、夏祭りイベントなども開催される。いずれの商店街も情緒あふれる雰囲気なので、歩いているだけでも楽しい。駅の南側には、「浜田山芳興会」や「浜田山南レンガ通り商店街」があり、ひとりでも気軽に入れるような店からみんなでファミリーで利用できる店まで、バラエティに富むお洒落なグルメ店がたくさんある。

暮らしを支える公共施設や教育施設も充実

地域交流の場「杉並区立浜田山会館」
地域交流の場「杉並区立浜田山会館」

地域交流の場「杉並区立浜田山会館」や「杉並区立高井戸図書館」、土日も窓口が開いている「杉並南郵便局」などの公共施設も整っている。エリア内には「高井戸警察署 浜田山交番」があるため治安面でも安心だ。行政の取り組みも積極的で、区職員の「安全パトロール隊(警視庁OB)」による住宅地巡回や、隊員が家庭を訪問し専門家の視点から防犯上の問題点を診断・アドバイスする「防犯診断」を行うなど、防犯・治安維持の取り組みに力を入れている。子どもたちの健やかな成長を願い、文化・芸術や自然に触れたり、スポーツ交流などに参加することを支援する「杉並区次世代育成基金」などの取り組みも行われている。

新しくてきれいな保育園「ピノキオ幼稚舎浜田山保育園」
新しくてきれいな保育園「ピノキオ幼稚舎浜田山保育園」

駅周辺には教育施設も集積している。2020(令和2)年に開園した「ピノキオ幼児舎 浜田山保育園」や、「ふたばクラブ浜田山駅前保育園」、「杉並の家ちゅうりっぷ保育園」などの保育園が多数あるほか、子どもの遊び場としても人気の「浜田山児童館」がエリア内にあり、子育て施設も充実している。通学指定校の「杉並区立浜田山小学校」は26学級の大規模小学校だ。「杉並区立高井戸中学校」は、アンネのバラがシンボルになっている伝統校で、緑豊かな「杉並区立三井の森公園」が隣接している。

杉並区は、中学校3年修了前までの子どもがいる家庭に児童手当を支給したり、自宅で保健師や助産師、看護師から健康や育児に関する相談を受けることができる「すこやか赤ちゃん訪問」サービスを提供するなど、安心の子育て支援制度が充実。自治体が定める条件をクリアしていれば家庭の保育料が一部補助される。

のびのびと遊べる大きな公園が徒歩圏内に

「区立柏の宮公園」の芝生広場
「区立柏の宮公園」の芝生広場

緑豊かな公園や憩いの場が多く、街並みに潤いと安らぎを与えている。「区立浜田山公園」や「区立柏の宮公園」などの大きな公園が気軽に利用できるほか、「区立三井の森公園」や「善福寺川緑地」も利用圏内。少し足を延ばせば歴史を感じることのできるスポットも多く、縄文中期の遺跡跡で復元された竪穴式住居などが展示されている「塚山公園」や、源頼義ゆかりの地であり、東京のほぼ中央に位置するため「東京のへそ」とも呼ばれている「大宮八幡宮」がある。

あわせて読みたい。関連ページ