地域に根づいた、市民の心と体の癒し処

松の湯

創業1954(昭和29)年、町の癒し処として長年親しまれ続けている銭湯「松の湯」。八王子商工会議所が主催する「八王子お店大賞」の第10回「小売り・サービス部門」にて受賞店となったことでも知られる。

店主の小嶋和宏さん
店主の小嶋和宏さん

暖簾をくぐって中へ入ると、木の温もり感じるレトロな空間が広がっており、どことなくほっとする。現在3代目を務める小嶋宏和さんいわく、内装のテーマは「路面電車」。待合室の低めの木製ベンチのある窓からの彩光に照らされた待合室の様子は、車内のクラシカルな雰囲気を彷彿とさせる。

飲料やアイス、地元のアパレル会社とのコラボグッズなども販売
飲料やアイス、地元のアパレル会社とのコラボグッズなども販売

また、浴室の壁面にはTHE・銭湯とでもいうべき、大きな富士山が描かれた横山大観の「松に富士山」のタイル画が男湯・女湯にかけて広がっている。店内には至る所にレンガがモチーフとして使われているが、かつて八王子にレンガ工場があったことから取り入れたアイデアだという。

当店は創業からこれまで幾度か改装工事が行われてきたが、現在の姿は2019(令和元)年につくられたもの。デザイン設計は、これまで銭湯リフォームを多く手掛けてきた今井健太郎氏によるもので、昭和の良さを残しつつ、新しいテイストが盛り込まれた装いで、老若男女親しめる雰囲気が魅力だ。

タイル絵の見事な富士山を眺めての入浴は当銭湯の魅力
タイル絵の見事な富士山を眺めての入浴は当銭湯の魅力

丹沢山系から流れてくる地下水を使った風呂は、高濃度炭酸泉、白湯、水風呂、露天岩風呂を設置。高濃度炭酸泉は、37度と体温に近いぬるめのお湯で、子どもから年配者まで利用しやすい温度設定。血流促進、肌にもよい効果が期待できるという人気の湯だ。

そして、庭師が手がけたという露天岩風呂は珍しい三波石という天然石を使用した高級感ある造りで、入浴すれば贅沢な気分に浸ることができる。露天岩風呂は、さまざまな効能の薬湯を季節や天気などに合わせて日替わりで提供しており、来るたびに新たな湯を楽しむことができるのも魅力だ。

しっかり温まることができる43度(季節により若干変わる)の露店岩風呂
しっかり温まることができる43度(季節により若干変わる)の露店岩風呂

施設内には遠赤外線のサウナがある他、2階には整体サロンと漫画コーナーも完備。また、植木好きだった先代は植木を飾り、電車好きの小嶋さんは脱衣所内で模型の電車を走らせるなど、代々受け継がれている「お客様に楽しんでいただきたい」という想いが至る所に感じられる当銭湯。しかし、客から長年親しまれ続ける理由はそれだけではない。裸の付き合いを通して客同士が顔なじみになり、生まれるコミュニケーションこそ、当銭湯ならでは良さだという。

JR「八王子」駅から徒歩約20分の銭湯「松の湯」
JR「八王子」駅から徒歩約20分の銭湯「松の湯」

「一度来るとハマる方が多いんですよ。何かしらのきっかけで銭湯を知って、銭湯っていいなと思っていただけたらうれしいですね」。これから就職予定の大学生の常連の中には、引っ越してしばらく来られないからと営業終了間際に来て記念写真を撮っていった学生がいたという話をうれしそうに語ってくれた小嶋さん。地域にとっても、当銭湯にとってもお互いが欠かせない存在になっていることを物語るエピソードだ。

松の湯
所在地:東京都八王子市小門町20 
電話番号:042-622-5356
営業時間:14:00~23:30
定休日:火曜日

詳細地図

読み込み中

あわせて読みたい。関連ページ