歴史と文化が薫り、緑豊かな環境の中で便利に暮らせる府中市八幡町エリア

奈良時代から地域の中心であり続けた街

「大國魂神社」の参道である馬場大門のケヤキ並木
「大國魂神社」の参道である馬場大門のケヤキ並木

府中市は東京都多摩地域の中部に位置し、古くから多摩地域の拠点の一つとして栄えてきた。府中市の市名は「武蔵国国府」が置かれたことに由来し、「大國魂神社」の門前町、甲州街道の宿場町として発展した歴史を持つ。近年は「府中」駅周辺の再開発などインフラ整備が進み、さらに暮らしやすいまちへ進化した。

「東府中」駅と「府中」駅の間に広がる八幡町エリアは、両駅周辺に集まるショッピング施設が使いやすく、暮らしの利便性が高い。一方で「武蔵国府八幡宮」の社叢など緑も豊かで、住環境にも恵まれている。

京王線で「新宿」駅方面へダイレクトアクセス

京王線の全列車が停車する「府中」駅
京王線の全列車が停車する「府中」駅

八幡町エリアからは、「府中」駅と「東府中」駅の2駅が利用可能。「府中」駅はすべての列車が停車する京王線の主要駅で、利用できる電車の本数が多い。特急を利用すれば「府中」駅から「新宿」駅には直通25分でアクセスできる。「東府中」駅では、平日朝の時間帯は急行・区間急行が停車し、朝の都心方面への通勤に便利だ。

「府中」駅からは、中央線「国分寺」駅や「武蔵小金井」駅、「国立」駅へアクセスできるバスのほか、「羽田空港」へのバスも発着し、飛行機を使った旅行もしやすい。八幡町エリア周辺には、国道20号や小金井街道など幹線道路も多く、中央自動車道「府中スマート」I.C.や「調布」I.C.も近いため、カーアクセスも良好だ。

日常の買い物から休日のショッピングまで身近で楽しめる

バラエティに富んだ店が集まる「LE  SIGNE(ル・シーニュ)」
バラエティに富んだ店が集まる「LE SIGNE(ル・シーニュ)」

八幡町エリアは買い物の利便性も高い。「府中」駅周辺には「LE SIGNE(ル・シーニュ)」、「くるる」、「フォーリス」、「ミッテン 府中」など多くの店が揃う大規模ショッピング施設が集まり、多彩な買い物を楽しめる。

「東府中」駅周辺には、駅商業ビルの「京王リトナード東府中」や、「サミットストア 東府中店」・「ライフ 東府中店」などのスーパーマーケットが充実、ディスカウントストア「ドン・キホーテ 府中店」、ドラッグストア「サンドラッグ東府中店」も近く、日常の買い物を身近で済ますことができる。

子育て環境にも恵まれた街

「府中市立府中第二小学校」
「府中市立府中第二小学校」

八幡町周辺には「そよかぜハーモニー保育園」や「京王キッズプラッツ 東府中」などの保育施設、「府中白百合第二幼稚園」や「府中市立 みどり幼稚園」などの幼稚園が身近に揃い、子育てファミリーが暮らしやすい環境が整う。「府中」駅南口の「くるる」内には、「子ども家庭支援センター「たっち」」があり、子育て支援を受けやすいのもうれしい。

学区の小中学校は「府中市立府中第二小学校」、「府中市立浅間中学校」となるほか、「明星中学校・高等学校」や「明治大学付属明治高等学校・中学校」など人気の教育施設にも通いやすい。

公共施設や文化施設が充実

府中市新庁舎鳥瞰イメージパース
府中市新庁舎鳥瞰イメージパース

八幡町エリアからは「府中市役所」も近く、行政手続きなどが必要になっても短時間で済ませられる。現在、「府中市役所」は2027(令和9)年の完成を目指して、建て替え工事が進行中だ。完成すれば、バリアフリーで図書館や市民協働ラウンジなどを併設したより使いやすい庁舎になる(※1)。

八幡町エリア周辺には「ルミエール府中」や「府中市立中央図書館」、「府中の森芸術劇場」、「府中市美術館」など文化施設も多く、気軽に読書や芸術鑑賞を楽しめるのも魅力だ。

緑と歴史の薫りに包まれて暮らす

長い歴史を持つ「大國魂神社」
長い歴史を持つ「大國魂神社」

八幡町エリア周辺には「大國魂神社」や「武蔵国府八幡宮」など長い歴史を持つ神社が点在し、歴史の薫りも濃い。「くらやみ祭」など伝統の行事も多く、折に触れて参加するのもよい思い出になるだろう。

八幡町エリア周辺は「八幡町緑地」や「大國魂神社」参道である「馬場大門のケヤキ並木」など緑も豊かだ。とくに「府中の森公園」は桜の名所として知られ、バーベキューも楽しめる。エリアの南を流れる多摩川沿いのサイクリングロードで散策やジョギングをするのも楽しい。子ども連れで楽しめる「kotocafe(コトカフェ)」などのんびりできるカフェも身近で、レジャーの後にお茶の時間も楽しめる。

利便性の高い「府中」駅前に近く、暮らしの中で歴史や自然にも触れられる八幡町エリア。ここでは穏やかな時間を満喫できそうだ。

出典
(※1)府中市HP「広報ふちゅう令和3年4月11日号」
https://www.city.fuchu.tokyo.jp/gyosei/johokokai/koho/kohoshi/koho/r3/r030411.html
※この情報は2021(令和3)年12月時点のものです。