神茂(かんも)

神茂(かんも)
神茂(かんも)

日本橋は大通り沿いに名だたる老舗名店が軒を連ねているが、実は大通りから一本入った、小さな通りにも老舗名店は点在している。例えば冬になれば誰でも一度は食べるであろう「おでん」。この中に入っている練り物を扱っているのが「神茂」(かんも)だ。創業は1688(元禄元)年。江戸時代から300年以上も変わらず練り物をつくっている老舗だ。

「神茂」の練り物はとても洗練されている。手取り半ぺんはふわっと口溶けがよく、上質のテリーヌを食べているようだ。はんぺんだけでも十分に酒のつまみになる。サメの身と山芋を卵白でつないでいるのだが、他にも何か入っているのではないかと疑ってしまうほど、シンプルなのに複雑な味わいなのだ。かまぼこも歯ごたえがあるものの、つるんとのどを滑り落ちていく。のどごしの良さが実に見事だ。

おせちの中の定番商品伊達巻も人気の一品だ。魚のすじ肉を使ったすじは関東ならではの味で、関西風おでんにある「ぎゅうすじ」のすじ肉とは全く世界が違う。品の良い魚の味が口の中に広がり、こちらもまた一度食べたらクセになる味わいだ。つみれや揚げ物等のおでん種も、単品から揃う。秋・冬限定のおでんセットは早速今晩から試してみたいものだ。また、養老揚やエビしんじょなどのおでん種も、単品から揃う。おでんセットは手軽さで好評だという。セット以外にも、単品それぞれに手を加えて頂くというのもお薦めしたい。

神茂(かんも)
所在地:東京都中央区日本橋室町1-11-8 
電話番号:03-3241-3988
営業時間:10:00~18:00(土曜日は~17:00)
定休日:日曜日、祝日
https://www.hanpen.co.jp/

詳細地図