かちどき 橋の資料館

かちどき 橋の資料館
かちどき 橋の資料館

2007(平成19)年、都道府県の道路橋として初めて国の重要文化財に指定された勝鬨橋。戦前、月島地区で開催するはずだった日本万国博覧会へのメインゲートを想定し、当時の最先端技術を集めて建造した。1940(昭和15)年に7年の歳月をかけて完成したその姿は東洋一の跳開橋と讃えられたが、1970(昭和45)年以後は陸海交通の変化にともない開かずの橋となっている。

橋のたもとにある「かちどき 橋の資料館」は、勝鬨橋をはじめ隅田川に架かけられた歴史ある橋の資料を展示する資料館。橋に電力を供給していた変電所を改修した施設で、橋を開けるための巨大な機械は、予約制の橋脚内見学ツアーで見ることができる。

かちどき 橋の資料館
所在地:東京都中央区築地6 先
電話番号:03-3543-5672
開館時間:9:30~16:30(12月~2月 9:00~16:00)
閉館日:月・水・日曜日、祝日、年末年始(12/29~1/3)
https://www.kensetsu.metro.tokyo.lg.jp/j..

詳細地図