Osteria Bubbino(オステリア ブッビーノ)

「オステリア ブッビーノ」は、“大人のためのイタリア料理”を提供する、上品な雰囲気のお店。店名に「オステリア」と冠している通り、カジュアルでありながら高級感や落ち着きある空間の中で、ワインに合う料理を味わうことができる。
店名の「ブッビーノ」は、ヨーロッパにおいて幸せのシンボルとして知られる子豚の鳴き声と、イタリア語でワインを意味する「Vino(ビーノ)」を合わせたところに由来があるのだそう。

“大人のためのイタリア料理”
“大人のためのイタリア料理”

同店は大人向けのお店として知られており、黒をベースにしたシックなインテリアが印象的。自分へのご褒美や、大切な人との食事、特別な記念日など、様々なシーンで幅広く利用できる点が魅力のひとつだ。

料理はイタリアの郷土料理をベースにしつつ、オリジナリティを高めているものが多い。メニューは季節ごとに更新され、その都度新しい創作が加わっていくという点も、何度も足を運びたくなるポイントだ。どの料理にもシェフの細やかなこだわりが感じられる。

外観
外観

看板メニューのひとつ「春菊のジェノベーゼ」は、コース料理の中でも大人気の品。隠し味程度に入っているという柚子のしぼり汁が、アクセントになっていて後味まで楽しめる。

この日のコースの前菜は、春に旬を迎えるサワラを使った炙り焼き。シェフによれば「新玉ねぎが旬なので、そのピューレに、山うどとはっさくのピクルスと、ハーブのソースを合わせて、アクセントに甲殻類のパウダー振りました」とのこと。見た目だけでも十分に美味しそうだが、ナイフで口に運ぶと、作り手のその丁寧なこだわりが一層強く感じられる味わいだ。

世界各国のワイン
世界各国のワイン

店内の様子
店内の様子

アラカルトの定番人気は、北海道産の鴨肉を使った肉料理。素材のもつ旨味・食感を最大限に引き出せるよう「火の通し具合に特に気を遣っている」とのこと。添えられているソースは、シイタケから作ったデュクセルソースだ。

ワインに関しては、世界各国の品をソムリエを中心に店員全員で吟味して仕入れている。食材の旬ごとに料理が変わるので、その度にワインとのマリアージュを確認。どの料理についても、いつでも何らかのワインをマッチングできるようにしているという。

サワラの炙り焼き
サワラの炙り焼き

テーブル席
テーブル席

シェフのセンスが光る創造性豊かな料理によって、何度訪れても楽しめるに違いない「オステリア ブッビーノ」。あらゆるニーズに応えてくれるのも同店ならではのポイント。ぜひその時々のシーンに合わせて通いたい。

Osteria Bubbino(オステリア ブッビーノ)
所在地:東京都中央区日本橋人形町1-10-3 
電話番号:03-6661-2839
営業時間:11:30~14:00、18:00~22:00
https://www.facebook.com/%E3%82%AA%E3%82..

詳細地図