東京メトロ千代田線で都心直結、緑にも恵まれ暮らしやすい足立区綾瀬エリア

住環境と利便性に恵まれた住宅地

東京23区の北東に位置する足立区は、大規模公園の緑や荒川の流れなど自然が身近で落ち着いた住宅街が広がる。日光街道の宿場町の面影が残る「北千住」駅周辺や、826(天長3)年に空海が建立したと伝えられる「西新井大師」など歴史の薫りも濃い。第二次世界大戦後は営団地下鉄(現・東京メトロ)日比谷線など鉄道整備により、都心へのアクセス性が向上したことから、住宅地として発展を遂げた。

「綾瀬」駅東口駅前の様子
「綾瀬」駅東口駅前の様子

東京メトロ千代田線「綾瀬」駅と「北綾瀬」駅の間に広がる綾瀬エリアも、営団地下鉄(現・東京メトロ)千代田線の開通以降に住宅地の開発が進み、現在は成熟した街に成長した。

また、「綾瀬駅東口周辺地区」では「綾瀬」駅前を中心にまちづくりが検討されていたが、現在はまちづくりを検討する範囲を拡大して、街の現状や課題などの分析、街の将来像やその実現に向けた土地利用方針など新たなまちづくり計画の策定が進められている。このまちづくり計画の策定により、将来も綾瀬エリアの良好な環境が維持されると期待される。

「綾瀬」駅、「北綾瀬」駅から東京メトロ千代田線の始発電車を利用可能

東京メトロ千代田線「綾瀬」駅東口
東京メトロ千代田線「綾瀬」駅東口

綾瀬エリアは東京メトロ千代田線の「綾瀬」駅と「北綾瀬」駅の2駅を利用可能で、交通アクセスの利便性も高い。東京メトロ千代田線に乗れば、「大手町」駅や「日比谷」駅など都心部にダイレクトアクセスできる。2019(平成31)年には「北綾瀬」駅のホーム延伸工事が完成し、「北綾瀬」駅から都心方面への始発電車の運行が始まった。「綾瀬」駅からも始発電車があるので、「綾瀬」駅、「北綾瀬」駅の両駅から東京メトロ千代田線の始発電車が利用できるようになっている。

近隣にスーパーマーケットや専門店が充実

「綾瀬」駅東口に建つ「イトーヨーカドー 綾瀬店」
「綾瀬」駅東口に建つ「イトーヨーカドー 綾瀬店」

綾瀬エリア周辺には「ビッグ・エー 足立東綾瀬店」や「ベルクス 足立綾瀬店」などスーパーマーケットが充実。「綾瀬」駅前にも「イトーヨーカドー 綾瀬店」、「東急ストア 綾瀬店」などが集まり、気分や品ぞろえによって使い分けできる。

環七通り沿いには「コジマ×ビックカメラ 足立加平店」や「ヴィクトリア 加平インター店」などの専門店も並び、多彩な買い物ニーズを満たせる。2021(令和3)年には「北綾瀬」駅に、スーパーマーケット「ワイズマート 北綾瀬店」などが入る駅ビル「マーヴ北綾瀬リエッタ」がオープンし、さらに買い物が便利になっている。

近隣に公共施設や医療機関が揃う

行政手続きに対応する「東綾瀬区民事務所」
行政手続きに対応する「東綾瀬区民事務所」

綾瀬エリアには公共施設も多い。転入・転居の届け出、住民票の写しの受け取りといった行政手続きは、「東綾瀬区民事務所」で可能だ。「東綾瀬住区センター」、「加平住区センター」、「足立区立東和図書館」なども身近で、気軽に公共サービスを活用できるだろう。

綾瀬エリアにはかかりつけに便利なクリニックが揃うほか、東京23区東部の中核病院として救急医療も担う「東部地域病院」などの総合病院も近く、体調を崩した際も安心だ。

緑豊かな公園が身近で、子育て環境も良好

豊かな緑が美しい「東綾瀬公園」
豊かな緑が美しい「東綾瀬公園」

綾瀬エリア周辺には約2kmにわたってU字型の緑地が続く「東綾瀬公園」が広がり、暮らしの中で緑を感じられる。園内には温水プールや野球場などスポーツ施設に加え、遊具も充実しており、ファミリーにも人気だ。

足立区は2021(令和3)年4月に待機児童ゼロを達成し、各地の児童館で子育てサロンが行われるなど子育てファミリーが暮らしやすい環境も整う。綾瀬エリアにも「さくらんぼ保育園」や「チェリー幼稚園」など子育て施設が充実するほか、「東綾瀬児童館」や「加平児童館」で子育てサロンが開催されている。

パンの人気店「Le pain Lapin(ラパンラパン)」
パンの人気店「Le pain Lapin(ラパンラパン)」

綾瀬エリアは、うなぎの「鰻上」、イタリアンの「オガヒデヲ商店」、焼肉「足立牧場」などグルメの人気店が豊富で食の楽しみにも恵まれている。モンブランで知られる「パティスリー アンプリル」やパンの人気店「Le pain Lapin(ラパンラパン)」など日々の食卓を豊かにしてくれる店が近いのもうれしい。

都心にアクセスしやすく、買い物が便利で、グルメの楽しみも多い綾瀬エリア。ここでは快適な日々を満喫できるだろう。

東京メトロ千代田線で都心直結、緑にも恵まれ暮らしやすい足立区綾瀬エリア
所在地:東京都足立区