赤塚に暮らすAKATSUKA AREA GUIDE

都心通勤も快適!赤塚エリアで理想的な暮らしを叶えるファミリーの平日

image photo
image photo

東京メトロ副都心線・有楽町線、東武東上線の利用が可能で都心部へのアクセス性に恵まれた赤塚(練馬区田柄)エリア。子ども向けの施設も周囲に充実し、子育て世代にとっても便利でうれしい生活環境が広がっています。そんな街で快適な日々を重ねる、とあるファミリーの平日の様子をご紹介します。

時計

7:00

起床・家族で朝食

子どももお気に入りの「あおぱん」のパン
子どももお気に入りの「あおぱん」のパン

ご近所の「あおぱん」で買っておいた美味しいパンやサラダで朝食に。家族そろってにぎやかに食卓を囲む。食後のコーヒー担当はパパ。こちらもご近所の「cafe 東京珈琲相談所」の珈琲豆がお気に入り。

時計

8:00

子どもは登校、パパは仕事へ

練馬区立田柄小学校
練馬区立田柄小学校

子どもは自宅から徒歩4分の「練馬区立田柄小学校」へ登校。近所のみんなと登校班があるのも安心。

大手町通勤image
大手町通勤image

パパは大手町のオフィスへ。徒歩7分の「地下鉄赤塚」駅から有楽町線にのり、「池袋」で乗り換え1回で30分強なので、9時の始業にも余裕をもって出勤できる。

時計

8:30

ママも出勤

「赤塚」駅
「赤塚」駅

ママは新宿へ通勤。副都心線で「新宿三丁目」へ直通20分。
「地下鉄赤塚」駅から2路線利用でき、各ターミナル駅にもアクセスしやすいため都内各所のクライアント訪問や出張の際にも便利。

時計

15:30

アフタースクールに行く子どもからメッセージ

スマホ
スマホ

会議の合間に子どもからの連絡をチェック。「学校が終わってこれから学童に行くよ」とのメッセージに、「美味しいおやつ買って帰るから頑張ってね」と返信。

「Kids Duo 赤塚」イメージ
「Kids Duo 赤塚」イメージ

小学校3年生のときは学校内併設の学童(田柄小ねりっこクラブcolors)を利用していたけれど、高学年からは英語で学べるアフタースクール「Kids Duo 赤塚」へ。お友達もできて楽しそう。

時計

18:00

ママ、退勤

伊勢丹新宿店
伊勢丹新宿店

今日は定時退勤。電車に乗る前に、「伊勢丹 新宿」に寄って子どもも私も好きなブランドのケーキを購入して帰路へ。仕事帰りにショッピングで寄ることも多々。都心の便利さも身近に感じられて本当に助かっている。

時計

19:00

駅前で子どもと待ち合わせ、近所に買い物へ

スーパーみらべる 下赤塚店
スーパーみらべる 下赤塚店

駅前で学童を終えた子どもと待ち合わせし、「スーパーみらべる 下赤塚店」で夕食のお惣菜を購入して帰宅。ほかにも「まいばすけっと 下赤塚駅南口店」や「どらっぐぱぱす 下赤塚店」なども近く、帰り道に立ち寄ることも多い。

時計

19:30

自宅で夕食に

Image photo
Image photo

夕食の用意をしていると、ちょうどパパも帰宅。週末は車で買い出しがてら「イオンシネマ板橋」で映画を観たいと子どものリクエスト。

光が丘公園
光が丘公園

子どもの友だち家族と「光が丘公園」のデイキャンプ広場でBBQもよさそうと話し、休日の楽しみが尽きない。

<ママの一言>

少し足を延ばせば「MUJI com 光が丘ゆりの木商店街」や「光が丘IMA」「イオン板橋ショッピングセンター」なども気軽に活用できて、生活利便施設が身近な範囲に本当に充実しています。近所にある「田柄すずしろ農園」では農業体験も出来て、豊かな学びを得られる自然環境も身近。子育て環境としても恵まれていると実感する毎日です。

都心通勤も快適!赤塚エリアで理想的な暮らしを叶えるファミリーの平日
所在地:東京都練馬区 

\ 私が紹介しました/

admin