赤羽界隈の一大観光地は桜のプロムナード

荒川赤羽桜堤緑地

荒川赤羽桜堤緑地
荒川赤羽桜堤緑地

北区内を流れる荒川と新河岸川の河川敷は広く、流域では運動場や公園、遊歩道などが整備されていることが多い。新荒川大橋西側からJR京浜東北線の線路までの間も、区民が憩う緑地として整備されている。

荒川赤羽桜堤緑地
荒川赤羽桜堤緑地

中でも、河川敷と橋、線路が交差する一帯は、ソメイヨシノ108本とヤナギの木が植樹されている「荒川赤羽桜堤緑地」で、地元の人が知るとっておきの花見どころでもある。春になると、桜のプロムナードとも表現される、美しい桜並木になる。堤防には芝桜も植えられている。

開放感溢れる荒川河川敷
開放感溢れる荒川河川敷

JR「赤羽」駅東口から徒歩約15分、東京メトロ南北線「赤羽岩淵」駅を利用する場合は3番出口から徒歩約10分の距離にある。京浜東北線など、川口方面に向かう電車はすぐそばを通過するため、車内からでも桜の様子を見ることができる。また、荒川沿いは、普段ランニングやサイクリングを楽しむ人々の姿も多い。BBQ場や野球場、サッカー場などもあり、子どもから大人まで気軽に訪れることのできるリフレッシュスポットとしても人気だ。

荒川赤羽桜堤緑地
所在地:東京都北区岩淵町41 先 
http://www.kanko.city.kita.tokyo.jp/spot..

詳細地図