ちょっと大人向けの新しいパルコで楽しい時間

PARCO_ya

「PARCO_ya」外観
「PARCO_ya」外観

2017(平成29)年11月にオープンした「PARCO_ya」は、周辺環境に合わせて「ちょっと上の、おとなの、パルコ。」をコンセプトに掲げている。「30代~50代の人たちが友達を誘って行きたくなる大人のたまり場を目指しています」とのこと。1階の開放的なホール空間や2階の居心地のいいインテリア空間など、各フロアの個性もじっくり楽しみたい。

場所はJR「御徒町」駅から徒歩1分。「上野広小路」駅や「上野御徒町」駅からも近い。

「ちょっと上の、おとなの、パルコ。」がコンセプト
「ちょっと上の、おとなの、パルコ。」がコンセプト

1階には街の顔になるようにと2つのカフェやコスメのお店がある。シンボルショップに選ばれたのは、上野エリア初登場の「ディーン&デルーカ カフェ」と、湯島で10年営業してきた日本料理店「くろぎ」の新業態「廚 otona くろぎ」だ。コスメは、ナチュラル系ブランドだけでなく、メイクアップ型ショップも。

地元ゆかりの企業も出店
地元ゆかりの企業も出店

2階から5階には、レディス・メンズ複合ファッションと雑貨のお店がある。多くのフロアにカフェを配置することで、いつでも一息つける。地域とのつながりも深く、地元ゆかりの企業がショップ全体の2割を占める。上野に受け継がれるものづくり文化を伝えようと、上野発祥の帽子ブランド「CA4LA」や、台東区に本店を構えバッグや革小物を取り扱う「マザーハウス」などが出店している。

6階「口福回廊」
6階「口福回廊」

6階のレストランフロア「口福回廊」には、北の玄関口として栄える上野を象徴する北の“うまいもの”と上野の銘店を中心に、厨房の活気や臨場感が伝わる工夫も凝らされている。

素材にこだわる銘店が集まっている。外国人にも人気の寿司・天ぷら・焼肉など、全部で9店舗。いつもよりちょっと大人な食事を味わえるだろう。

パンダをあしらったグッズやメニューも豊富
パンダをあしらったグッズやメニューも豊富

パンダの「香香」の公開に合わせてオリジナルグッズの販売も行われる。2階の「オールドファッションストア」では、パンダの顔が刺繍された可愛いハンカチが売られている。パンダメニューを出すお店もあり、パンダが描かれたカフェラテや饅頭、パンダが大好きな笹を使った笹団子と抹茶のセットもある。

「PARCO_ya」のyaはyet anotherの意味。もうひとつの大人向けパルコという意味になる。パルコの新しい挑戦を実感できるだろう。

PARCO_ya
所在地:東京都台東区上野3-24-6 
営業時間:10:00~20:00 ※レストランフロアは11:00~23:00
http://parcoya-ueno.parco.jp

詳細地図