フランスで修行を積んだ日本人シェフが魔法をかける料理

Bistrot Taka

季節の食材を使った、見た目も華やかな料理
季節の食材を使った、見た目も華やかな料理

湯島天満宮の目と鼻の先にある「Bistrot Taka」は、フランスで修行を積んだ後、コンラッド東京のスーシェフを務めていた高萩氏が腕を振るうフレンチレストラン。「食べた瞬間に『美味しい』と思ってもらえる料理を心がけています」と言うように、伝わりやすい美味しさの料理を心がけている。

サービスは、フレンチレストランの経験が長いマネージャーの奥永氏が担う。「お客様に『楽しい時間でした』と言ってもらえたら嬉しい」と、思い出に残る時間の提供を心がけている。

重厚感のある洋風の建物
重厚感のある洋風の建物

また、周年の地方料理フェアのコースはフランス各地を渡り歩いたシェフの経験が生かされ、まるでフランス旅行を楽しんでいるかのようにバラエティー豊かなメニューが大好評。ディナーは「シェフのお任せコース」がおすすめだ。「今でもいろいろな食材に挑戦しています」と言うように、ロバやヤギの肉が出されることもある。「オープン当初からずっと『野菜が美味しい』と言ってもらえることが多い」と言うように、北海道の農家から仕入れるジャガイモなど、付け合わせの野菜にもこだわっている。

「鰆の燻製と菜の花、ポロねぎのテリーヌ 八朔ジュレ」
「鰆の燻製と菜の花、ポロねぎのテリーヌ 八朔ジュレ」

この日のお勧め前菜は「鰆の燻製と菜の花、ポロねぎのテリーヌ 八朔ジュレ」だった。新鮮な鰆を燻製にしてポロねぎと菜の花とコラボレーションさせたテリーヌは、一口で笑顔になれる美味しさ。八朔のジュレがさわやかな味わいを与えている。「周りにウドのピクルスがあるんですよ」と、ちょっとした遊び心をシェフがそっと教えてくれた。

ワインもお勧めで、フランス産ワインが充実している。「有名な銘柄にこだわらず、料理に合うワインを常に探し求めています」と言うとおり、料理との相性を重視。リーズナブルなワインが揃っているので、まずは、お店がすすめるワインを味わってみたい。

暖かみあふれる店内
暖かみあふれる店内

店内は、洋風の暖かみある雰囲気に包まれていて、とても居心地がいい。ランチタイムもオープンしているので、初めてフレンチ料理を味わうきっかけにしてもいい。「ランチタイムはディナーよりも気軽に入れる雰囲気を心がけています」というように、OLや地元の人たちが気軽に訪れる。

ムード満点のディナーを演出
ムード満点のディナーを演出

「Bistrot Taka」は年末年始もオープンしている。「一時は年末年始を休もうとしたんです。でも、常連のお客様が楽しみにされていることを知り、営業を続けることにしました」とシェフ。31日は終日、1日はディナーから営業している。おせちの代わりの「オードブルセット」や、配達の「お弁当」(要予約)もあるので、年末年始やピクニック、ママ会など利用シーンは多そうだ。

Bistrot Taka
所在地:東京都文京区湯島2-33-1 
電話番号:03-3836-9250
営業時間:ランチ11:30~15:00(L.O. 14:00)土日祝 12:00~15:00(L.O. 14:00)、ディナー18:00~22:30(L.O. 21:00)
定休日:月曜日、第1・第3火曜日(月曜日が祝日の場合は翌火曜日休み)
http://bistrot-taka.com/

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ