文教エリアとしての閑静な佇まいと利便性を併せ持つ文京区湯島エリア

文京区湯島三丁目は文京区の東部、東京メトロ千代田線の「湯島」駅と東京メトロ銀座線「末広町」駅、JR中央・総武線、東京メトロ丸の内線「御茶ノ水」駅に囲まれた場所に位置する。この付近は本郷台地の縁にあたり、標高20m前後の高台になっている。

日本有数の文教エリアとして発展

約1600年の歴史を持つ「湯島天満宮(湯島天神)」
約1600年の歴史を持つ「湯島天満宮(湯島天神)」

湯島三丁目は周辺に458(雄略天皇2)年創建と伝わる「湯島天満宮(湯島天神)」や約1300年以上の歴史を持つ江戸の総鎮守「神田明神」があるなど長い歴史を誇るエリアだ。

江戸時代の学問所として造られた「湯島聖堂」
江戸時代の学問所として造られた「湯島聖堂」

また、この付近では1690(元禄3)年、江戸幕府五代将軍徳川綱吉は学問所として「湯島聖堂」が設けられ、その後「昌平坂学問所」も設置されたことにより、文教エリアとして歩み始めた。

明治維新後、「昌平坂学問所」跡地などを利用して、「東京女子師範学校(現・お茶の水女子大学)」や「東京高等師範学校(現・筑波大学)」、「東京府女子師範学校(現・東京学芸大学)」、「東京医学校(現・東京大学)」といった教育施設が置かれ、明治時代には現在まで続く文教エリアの礎が築かれている。

4駅4路線を利用できる好アクセス

東京メトロ千代田線「湯島」駅
東京メトロ千代田線「湯島」駅

湯島三丁目は交通アクセスの利便性が高いことも魅力だ。エリアからは東京メトロ千代田線の「湯島」駅、東京メトロ銀座線の「末広町」駅、東京メトロ丸の内線とJR中央線「御茶ノ水」駅が利用できる。

「大手町」駅には東京メトロ千代田線、「銀座」駅には東京メトロ銀座線、「東京」駅や「新宿」駅には東京メトロ丸の内線とJR中央線でそれぞれダイレクトアクセスとなり、都内各方面へのスムーズな移動がうれしい。

スーパーマーケットから専門店街まで多彩なショッピング環境

湯島三丁目周辺にはスーパーマーケットやドラッグストアが揃い、買い物の利便性も高い。エリア南側の「御茶ノ水」駅周辺は書店街や楽器店街、スポーツ店街といった専門店街が広がり、ここでしか手に入らない品も多い。少し足を延ばせば、秋葉原や御徒町、上野方面での買い物も楽しめる。

2017(平成29)年11月に誕生した「パルコヤ」
2017(平成29)年11月に誕生した「パルコヤ」

近年は「御茶ノ水ソラシティプラザ」や「ワテラス」などオフィスビル併設のショッピング施設や、「パルコヤ」といった話題のショッピング施設も誕生し、さらに買い物の魅力が増した。

地域の人々に親しまれているグルメの店が充実

老舗のそば店として知られる「上野 藪そば」
老舗のそば店として知られる「上野 藪そば」

湯島周辺には「上野 藪そば」や「てんぷら天庄 湯島店(本館)」といった老舗のグルメの店が揃うことも魅力のひとつだ。「自家焙煎珈琲みじんこ」といった隠れ家的な店や「御茶ノ水」駅周辺には学生に愛されてきた店もあり、多彩なグルメを味わえる。

徒歩圏内に大学病院が集まる

「東京大学医学部附属病院」など大学病院が多い
「東京大学医学部附属病院」など大学病院が多い

湯島周辺は医療機関も多い。かかりつけに便利な各科のクリニックに加え、「東京大学医学部附属病院」や「東京医科歯科大学医学部附属病院」、「順天堂大学医学部附属順天堂医院」といった高度な医療を提供する大学病院も集まり、体調を崩した際も安心だ。

都心ならではの利便性と文教エリアという落ち着きを併せ持つ文京区湯島。ここでは快適で穏やかな暮らしを実現できるだろう。



あわせて読みたい。関連ページ