大正2年から美味しい和菓子を作り続ける「うさぎや」

うさぎや

湯島エリアの人気店「うさぎや」
湯島エリアの人気店「うさぎや」

富山県出身の創業者谷口喜作氏が1913(大正2)年に開店させたのが和菓子専門店「うさぎや」だ。菓子作りは素人だけど、その代わり材料には最上級の物を使って味を追求。廉価な価格で美味しい和菓子を売ることで、人気店へと成長した。現在は4代目の元で変わらぬ美味しさを作り続けている。ちなみに、店名の「うさぎや」は、創業者が兎年だったことから名づけられたそうだ。

その場で食べる「どらやき」は格別
その場で食べる「どらやき」は格別

「うさぎや」を語る上で欠かせないのは「どらやき」だ。寒暖差のある火山灰地で、小豆栽培に適した土地で作られた十勝産の小豆を使う。できあがった粒餡はとてもやわらかい。レンゲの蜂蜜を使った皮もサクッとした食感で美味しさを倍増させてくれる。「皮が餡の水分を吸収してしまう前に食べてもらいたい」と店主がいうように、お店を出てその場で1つ食べる人が多い。できたての「どらやき」は格別の美味しさだ。

半月型の「喜作最中」も人気商品。蜜漬けにした大納言を少し加えることで、上品な味に仕上げた漉し餡を、焦がしの皮ではさんだ逸品。創業者の名前を冠にした「うさぎや」を代表する和菓子の1つだ。きっとお土産に喜ばれるだろう。

「どらやき3個・喜作最中3個入り進物箱」はお土産にぴったり
「どらやき3個・喜作最中3個入り進物箱」はお土産にぴったり

お土産といえば「どらやき3個・喜作最中3個入進物箱」もある。どらやきが3個と喜作最中が3個入っている。最も大きなサイズになると「どらやき30個・喜作最中35個入進物箱」になる。いろいろなサイズがあるので、友人宅を訪問する時や、会社への差し入れ、子供の部活への差し入れなど、シーンごとに利用できるお土産だ。

「うさぎや」の店先
「うさぎや」の店先

お店には近所の人からビジネスマンまで、老若男女、いろいろな人が訪れる。最近は外国人のお客も増えてきたようだ。営業時間は9時から18時まで。ただし、「どらやき」は16時までの販売。それ以降に受け取りたい人は事前に予約をしよう。

暖簾とうさぎの人形が目印
暖簾とうさぎの人形が目印

「うさぎや」は、千代田線「月島」駅からも東京メトロ・銀座線「上野広小路」駅、JR山手線「御徒町」駅からも近い。暖簾とうさぎの人形が目印になっている。

2015(平成27)年には、近所で「うさぎやカフェ」をオープンした。ハワイをコンセプトにした新しい形態のカフェ。美味しい餡を使ったデザートと特製のお茶を味わうことができる。季節メニューもあるので、今までにない「うさぎや」の魅力を感じられるお店だ。

うさぎや
所在地:東京都台東区上野1-10-10
電話番号:03-3831-6195
営業時間:9:00~18:00
定休日:水曜日
http://www.ueno-usagiya.jp

詳細地図