3年連続「ミシュランガイド東京」掲載の実力派フレンチ

infusion(アンフュージョン)

3年連続でミシュランガイドに掲載
3年連続でミシュランガイドに掲載

フレンチレストラン「infusion(アンフュージョン)」は、2015(平成27)年から3年連続で「ミシュランガイド東京 -HOTELS & RESTAURANTS」に掲載された実力店。都内の一流店やフランスで修行を積んだオーナーシェフの菊池貴通さんが、2009(平成21)年に満を持してオープンさせた。

店内の様子
店内の様子

店名はフランス語で「(お茶を)煎じる」などという意味。もてなしの心を大切に、「お客様のために」という思いが込められている。「日本人に合った日本人のためのフランス料理を目指している」というシェフ。鮮魚は越前・三国、野菜は信州・安曇野から直送の新鮮な食材をはじめ、日本各地やフランスから届くさまざまな旬の食材を組み合わせることで、日本のフレンチを作り上げている。

旬の食材の味を活かす
旬の食材の味を活かす

日々更新されるシェフのブログには、お店に届く季節の食材の説明とそれを使った新メニューが。またスタッフのブログにはワインなどのドリンクを中心に紹介されているので、チェックして出掛けるのもいいだろう。ランチはプリフィクススタイルのコース3種類のほか、その日の極上の食材を使ったシェフのスペシャルフルコース「シェフズ・テーブル」もある。ディナーでは、このスペシャルフルコースにおいても、「シェフおすすめの肉料理」として、数品の中からセレクトできるようにし、お客さん一人ひとりに満足してもらえるよう配慮されている。

外観
外観

また、1日10台限定・予約制で「フレンチ会席風膳」を用意している。店で提供している味をそのまま木箱に詰めてくれるので、来店が難しい方や自宅や会社で大切な席を設ける際にも「infusion」の味を楽しむことができる。手間暇がかかるが、こうしたサービスにも、お客様のことを第一に思うシェフの心配りが表れている。

infusion(アンフュージョン)
所在地:東京都世田谷区桜新町1-29-1  N & K’S Parkビル1F
電話番号:03-5758-5405
営業時間:ランチ 11:30~14:30(L.O.)、ディナー 17:30~21:30(L.O.)
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)
http://www.infusion.jp/

詳細地図