夏は阿波踊りで盛り上がる旧・宿場町

きたまち商店街

きたまち商店街
きたまち商店街

住所表記で「北町」にあたる「東武練馬」駅南口一帯は、江戸時代には練馬区唯一の宿場町「下練馬」として栄えた一帯。練馬区の特産品「練馬大根」もこの界隈で生まれた。商いをする多くの店が集い、賑わっていた地は現在、50店以上の加盟店が商う「きたまち商店街」になって、かつてと同じ賑わいを保っている。地域発祥の名品「北町逸ピン」作りに地域通貨「北町小判」と、オリジナリティあふれる活動の多い商店街でもある。一年で最も盛り上がる日は、夏の「きたまち阿波踊り」の日。毎年約7万人が訪れ、熱気と活気にあふれる。

きたまち商店街
所在地:東京都練馬区北町2-21-13 
http://www.kitamachi.or.jp/

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ