小麦本来のもつ味を生かした伝統的なパンづくりを実践

自家製天然酵母パン 木のひげ

砂糖、油脂分を一切使わない伝統的なパンづくり
砂糖、油脂分を一切使わない伝統的なパンづくり

1984(昭和59)年のオープンより30年以上にわたり、砂糖、油脂、イーストフードを一切使わず小麦本来のもつ味を生かした伝統的なパンづくりを提案し続けている「自家製天然酵母パン 木のひげ」。レーズン由来の自家製天然酵母と岩手県産の南部小麦との出会いにより生み出される同店のパンは、噛めば噛むほど豊かで繊細な味わいがひろがる一度食べたら忘れられない逸品だ。

カフェスペースのある工房直売所
カフェスペースのある工房直売所

最寄りとなる京王相模原線・小田急多摩線・多摩モノレール線「多摩センター」駅より徒歩8分。カフェスペースを併設した工房直売所として現在の土地に移転して来たのは2007年のこと。卸専門としての歴史をもつ同店のパンは、都内にある自然食品の専門店や生協でも買い求めることができるようだが、パンの種類の豊富さや、季節の食材を用いた焼き菓子など工房直売所に訪れてみてはじめて気がつく魅力も多いようだ。

ランチやカフェにおすすめ
ランチやカフェにおすすめ

店内のカフェスペースでは、同店のパンをより美味しくいただくためのヒントとなるカフェメニューがあり、薄くスライスしたパンの上にチーズやオムレツをのせて食べたり、野菜たっぷりのスープやサラダとともにいただいたりと、栄養価が豊富な全粒粉のパンはお食事にこそ最適だ。また店頭で買い求めた商品もその場で食べられるようで、無農薬栽培のコーヒーやハーブティーをいただきながらほっと心を落ち着かせてくれる憩いの場として立ち寄ってみるのも良いだろう。

砂糖不使用のアップルパイ
砂糖不使用のアップルパイ
 

季節商品としてファンの多い「アップルパイ」や、新作として店頭に並べたばかりという「かぼちゃリンゴタルト」もいただいてみたが、パンと同じく砂糖、油脂分を一切使わずにつくる焼き菓子は素材のもつ甘みだけを生かした“甘くない”お菓子で、普段何気なく口にしているお菓子の砂糖の甘さを不自然に感じてしまうほどの衝撃的なひと品だ。

創業時から変わらない小麦本来の味
創業時から変わらない小麦本来の味

毎日の食事のあり方を見つめ直すきっかけにもなる同店のパンは、「からだに良いものを食べさせたい」と願う小さな子どもを連れた若いご夫婦にも好評のようで、家族そろってぜひ一度訪れていただきたい貴重な名店だ。常連のお客さんのなかには、子育てをきっかけに多摩に戻り、子どもの頃に食べていたパンの味が忘れられず10余年の歳月を経てふたたび訪れるという方も少なくないようで、世代を超えて愛され続ける味に魅力を覚える。

次世代に受け継がれるべき本当のパンづくり
次世代に受け継がれるべき本当のパンづくり
 

「本当のパンづくりをきちんと伝えていきたい」と語るのは、夫婦2人3脚で「木のひげ」のパンを育てて来たパン職人の牟田口さん。今後は一般の方やパン職人を目指している方などを対象に、年間のプログラムでしっかり基礎から学べるパンづくり教室の開催も検討しているようで、定期的に開催されるイベントとともにこちらにも注目が集まる。

自転車、徒歩で来店した方にエコ割引を実施中
自転車、徒歩で来店した方にエコ割引を実施中

同店の裏には専用の駐車スペースが1台分あるほか、自転車もしくは徒歩で来店した方には「エコ割引」として50円引きのサービスも受けられるようで、天気の良い日はお散歩がてらお出かけしてみるのも良いだろう。また多摩市内には、「永山」駅前の商業施設「グリナード永山」内の「ボンラスパイユ」でも一部の商品を取り扱っているため、機会があればぜひ立ち寄ってみよう。

※メニューや価格等は取材時のものです。変更されている場合があります。ご了承ください。

自家製天然酵母パン 木のひげ
所在地:東京都多摩市愛宕4-9-7 ハロッズプラザ102
電話番号:042-313-9208
営業時間:10:30~19:00(日曜日は12:00~19:00)
定休日:年末年始、GW前後、8月中旬
http://www.din.or.jp/~kinohige/

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ