西武新宿線で都心に好アクセス、買い物が便利で緑も豊かな練馬区下石神井

練馬区下石神井は西武新宿線の「井荻」駅から「上井草」駅にかけての線路の北側に広がる。通勤・通学の利便性が高く、ショッピング施設が充実する一方、エリアの北側に広がる「石神井公園」など緑も豊かな住宅地だ。

鉄道開通後に農村から住宅地へ

石神井の由来となった石剣を祀る「石神井神社」
石神井の由来となった石剣を祀る「石神井神社」

石神井という地名は、かつてこの地で井戸を掘った際に石剣が出土したため、石神の井と呼ばれるようになったことに由来するという。この石剣は今も「石神井神社」の御神体として祀られている。石神井の村は江戸時代に幕府の命で分割されることになり、都があった京都に近い西側が上石神井、東側が下石神井とされた。

1927(昭和2)年に現在の西武新宿線が開通すると都心方面へのアクセスが向上したことから住宅地の開発が進み、現在は閑静なベッドタウンとして人気を集めている。

西武新宿線の「井荻」駅や「上井草」駅が至近

西武新宿線の「井荻」駅
西武新宿線の「井荻」駅

下石神井は交通アクセスの利便性が大きな魅力になる。「井荻」駅や「上井草」駅から西武新宿線を利用すれば、「高田馬場」駅や「西武新宿」駅などにダイレクトアクセス可能。「高田馬場」駅からJR山手線乗り換えで「渋谷」駅や「池袋」駅、東京メトロ東西線乗り換えで「大手町」駅などにもスムーズにアクセスできる。

エリアの東を抜ける環八通りや南側を通る千川通りなど幹線道路も多く、自動車での移動もしやすい。現在、外環自動車道の「大泉」JCTから「(仮称)東名」JCT間の整備が行われており、「上石神井」駅近くに「青梅街道」ICが誕生することになっている。開通後は短時間で高速道路にアクセス可能になるだろう。

エリア内にスーパーマーケットが複数

「ヨークマート 石神井店」などスーパーマーケットが近隣に揃う
「ヨークマート 石神井店」などスーパーマーケットが近隣に揃う

下石神井周辺には「いなげや 下石神井店」や「ヨークマート 石神井店」などスーパーマーケットが充実し、買い物も便利だ。

新鮮な野菜を購入できる「とれたて村石神井」
新鮮な野菜を購入できる「とれたて村石神井」

「井荻」駅周辺にもスーパーマーケット「サミットストア 井荻駅前店」や家電専門店「コジマ×ビックカメラ 井草店」といったショッピング施設が集まる。エリアの北側にある「とれたて村石神井」では地元産の野菜を購入することもできるのもうれしい。

幼稚園や保育施設、小・中学校が身近に揃う

「井荻聖母幼稚園」といった幼稚園、保育施設が充実
「井荻聖母幼稚園」といった幼稚園、保育施設が充実

下石神井周辺には「井荻聖母幼稚園」や「練馬区立下石神井第三保育園」など幼稚園や保育施設が揃い、子育ての場としても魅力が多い。通学指定校となる小・中学校にも短時間で通学可能だ。

「早稲田大学高等学院・中学部」をはじめ人気校も近い
「早稲田大学高等学院・中学部」をはじめ人気校も近い

エリアからは「早稲田大学高等学院・中学部」、「中央大学杉並高等学校」といった私立校も近く、教育の選択肢が幅広い。

暮らしの中で緑を感じられる街

石神井池の周囲に緑が広がる「石神井公園」
石神井池の周囲に緑が広がる「石神井公園」

下石神井の北を流れる石神井川は桜並木があり、春には花見を楽しめる。石神井川を渡って北に少し歩けば、石神井池の周囲に広がる「石神井公園」もある。園内には野球場やテニスコート、アスレチック場など多彩な施設が整備され、ファミリーで充実した休日を過ごせるだろう。この地の歴史や文化を学べる「練馬区立石神井公園ふるさと文化館」も興味深い。

開放的な風景が心地よい「井草森公園」
開放的な風景が心地よい「井草森公園」

エリアの南には杉並区で最大級の面積を誇る「井草森公園」もある。ここには広大な広場があり、子どもが思いきり遊ぶことができる。夏にはデイキャンプも可能で、思い出づくりにぴったりだ。

豊かな緑に恵まれ、生活関連施設も整う練馬区下石神井。この街では快適な暮らしが約束されている。

あわせて読みたい。関連ページ