食材も内装も世界基準、主婦に選ばれるダイニングカフェ

THE LIVING(ザ リビング)

東急池上線「千鳥町」駅から徒歩1分、東急多摩川線「下丸子」駅から徒歩6分の場所にあるダイニングカフェ。「地元の人が来てくれればいいんです」と店長が言うように外観はシンプル。だが、店内はお洒落でモダンな内装となっており、地元の主婦層から人気を集めている。

お店へはここから2階へ
お店へはここから2階へ

料理は世界中を旅する店長が旬なメニューを考案し、土日はわざわざ遠方から足を運ぶ人もいるほどだ。店内には、一流ホテルのラウンジかと見間違うほどの豪華な雰囲気が漂う。ふかふかのソファー席は座り心地がよく、ついつい長居してしまいそうだ。

モダンで落ち着きある店内
モダンで落ち着きある店内

おすすめ料理は、土日限定の「エッグベネディクトセット」だ。イングリッシュマフィンに挟まれた厚切りベーコンは食べ応え十分。フレッシュな玉子と濃厚なチーズに思わず笑みがこぼれそう。サラダも3皿ついてヘルシーな内容となっている。平日は「ザ・リビングカレーライス」もおすすめだ。モルディブのリゾートで店長が口にした忘れられない味を、日本人向けに再現。マイルドな味わいに、ゴロゴロチキンが食べ応え十分。

「エッグベネディクトセット」
「エッグベネディクトセット」

平日も土日もセットメニューには、プラス400円で豪華な「プチパルフェ」を付けられる。「プチパルフェを注文しなかったお客様が、他の人の注文したプチパルフェを見て『やっぱり私も』と、後から注文されることが多いですね」と店長。それもそのはず。旬なフルーツをグラスから飛び出すほど贅沢に使い、アイスクリームも数種類を使い分ける。

セットにできるプチパルフェ
セットにできるプチパルフェ

落ち着いたトーンに包まれた店内には、店長がアジアやヨーロッパで、お店の空間に相応しいと考え仕入れた家具や骨董品、絵画が並ぶ。暖色系の照明が非日常を演出してくれる。子ども連れもOKなので、親子で一緒に出掛けてみるのも良さそうだ。

THE LIVING(ザ リビング)
所在地:東京都大田区千鳥1-19-5 フラット千鳥2F
電話番号:03-6410-9779
営業時間:10:00~16:00(L.O.15:00)
定休日:火・水曜日
※臨時休業の場合があるためFacebookで要確認
https://www.facebook.com/the.living.toky..

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ