進化を続ける渋谷駅周辺。グローバル化が進む街の未来の姿とは?

提供:東京急行電鉄株式会社
提供:東京急行電鉄株式会社

都市インフラの再構築で大幅な利便性向上を目指す

都内有数のターミナル駅としてにぎわう「渋谷」駅周辺だが、「渋谷」駅が開業した当時は閑散とした農村が広がっていたという。その後、多くの鉄道路線が開通し、交通アクセスの利便性が向上したことからショッピングタウンとしても発展してきた。

一方、近年は「渋谷」駅周辺のショッピング施設をはじめ都市インフラが老朽化し、耐震性能を満たしていないなど多くの問題を抱えていることも明らかになってきた。さらに、「渋谷」駅の利用客の増加に対応するため、抜本的な更新の必要性も浮き彫りになっている。

現在の渋谷駅周辺の様子
現在の渋谷駅周辺の様子

このような背景から、渋谷区は2003(平成15)年には「渋谷駅周辺整備ガイドプラン21」を策定し、「渋谷」駅周辺のまちづくりの検討を始めることになった。2005(平成17)年に「渋谷駅周辺地域」が都市再生緊急整備地域に指定され、2008(平成20)年の東京メトロ副都心線「渋谷」駅が開業を契機に「渋谷」駅周辺で新たな都市空間の再構築が本格的に動き出している。

渋谷は『成熟した国際都市』へ

渋谷区では、20年後の渋谷区の姿を見据えて、2008(平成20)年に「渋谷区基本構想」を策定。2018(平成26)年には内容が改定され、渋谷区がロンドン、パリ、ニューヨークなどと並び称されるような成熟した国際都市となるために、7つの分野の基本構想を示している。

この基本構想を踏まえ、2011(平成23)年3月には「渋谷駅中心地区まちづくり指針2010」を公表。「渋谷駅中心地区まちづくり指針2010」では「渋谷」駅周辺に広がる渋谷駅中心地区の将来像を「世界に開かれた生活文化の発信拠点””渋谷””のリーディングコア」とし、住民や渋谷に関わる多様な人々とともに創り上げる協奏するまちづくりの展開を進めることをうたっている。

「渋谷駅中心地区まちづくり指針2010」の指定範囲(出典:渋谷区HP)
「渋谷駅中心地区まちづくり指針2010」の指定範囲(出典:渋谷区HP)

また、「渋谷」駅周辺の開発にあたっては、2016(平成28)年に「渋谷駅周辺まちづくりビジョン」も策定。「街の多様な顔を生む渋谷スケール」「歩いて楽しい渋谷ストリート」「様々な機能が混在し多様な交流を生む渋谷ライフ」「世界への発信力を持つ渋谷カルチャー」をベースにまちづくりを進めていくことになる。

交通インフラの整備が進行中

「渋谷」駅周辺ではまちづくりの基礎となる交通インフラ整備が重点的に行われている。東京メトロ銀座線の「渋谷」駅は「浅草」駅よりに若干移転し、広々とした島式ホームに改められることになった。新しいホームではホームドアやバリアフリー設備も整い、安心して電車を利用できるようになる。

JR「渋谷」駅では、JR埼京線のホームをJR山手線のホームの横に移設し、JR山手線ホームの島式ホーム化も行われている。これによりJR埼京線から他の路線への乗り換えがスムーズになるほか、JR山手線ホームにはホームドアが設けられ、利便性と安全性の向上が実現する。

「渋谷」駅の東口、西口それぞれで駅前広場の整備が行われており、完成後はバスやタクシーの利用もスムーズになるだろう。国道246号など道路の拡幅や、地下駐車場の整備も行われることになっている。

駅前の広場も大きく生まれ変わる
駅前の広場も大きく生まれ変わる

さらに、「渋谷」駅東口の南側では暗渠化されていた渋谷川を地上に復活させ、川に水を流す川に水を流す壁泉を整備して清流を取り戻す事業も行われている。川沿いにはにぎわい広場や遊歩道もできることになっており、散策を楽しめるようになる。

再開発ビルが続々と完成

2012(平成24)年にオープンした「渋谷ヒカリエ」
2012(平成24)年にオープンした「渋谷ヒカリエ」

「渋谷」駅周辺では多くの再開発も進行中だ。2012(平成24)年には「渋谷ヒカリエ」が誕生、2018(平成30)年9月には「渋谷ストリーム」と「渋谷ブリッジ」が開業し、話題となった。

現在も世界を牽引する新しいビジネスやカルチャーを発信するステージとして「エンタテイメントシティSHIBUYA」の実現を目指し、渋谷の街の姿は絶え間なく変化している。

工事が進む「渋谷スクランブルスクエア」
工事が進む「渋谷スクランブルスクエア」

2019年以降も「渋谷スクランブルスクエア」をはじめ「道玄坂一丁目駅前地区」、「南平台プロジェクト」、「渋谷駅桜丘地区」の開業が予定されている。

IT文化の再興で日本をリードする街へ

渋谷ストリーム
渋谷ストリーム

渋谷は経営者同士の交流がしやすい環境から2000年前後のネットバブル期にベンチャーが集まり、米国シリコンバレーと同様のネット企業集積地として「ビットバレー」とも呼ばれていた。しかし「六本木ヒルズ」開業の影響などで、IT企業は六本木などに移転し、渋谷のIT文化は一時衰退した。しかし「渋谷ヒカリエ」の開業により、渋谷のIT文化は再び盛り上がりを見せ、googleも「渋谷ストリーム」への移転を発表している。

このような中で渋谷区に拠点を置くIT企業は、渋谷をITの世界的技術拠点にすることを目的に、「SHIBUYA BIT VALLEY」(シブヤ・ビットバレー)プロジェクトを始動した。渋谷区と連携し、テックカンファレンスの開催を中心に、渋谷のIT企業のコミュニティー強化、交流の活性化を目指して中長期的な取り組みを行うという。

渋谷は今後の日本の産業や文化をリードする街に進化しつつある。