「都立石神井公園」の緑が彩る閑静な住宅地、練馬区下石神井

練馬区は東京23区の北西、武蔵野台地上に広がり、古くから緑豊かな住宅地として人気が高い。「石神井公園」駅と「上井草」駅の間に位置する下石神井も「都立石神井公園」の緑が身近で閑静な佇まいの住宅地で、快適なベッドタウンとして注目されている。

緑豊かで閑静な住宅地が広がる

池の周囲に緑が広がる「都立石神井公園」
池の周囲に緑が広がる「都立石神井公園」

下石神井の北側に広がる「都立石神井公園」の三宝寺池は武蔵野三大湧水池として知られ、古くから湧水による池が形成されていたという。1935(昭和10)年には三宝寺池の一部が『三宝寺池沼沢植物群落』として天然記念物に指定されたほか、三宝寺池の周囲は都市計画法上の風致地区とされているなど豊かな自然が保護されてきた。1959(昭和34)年に三宝寺池の周囲が公園として整備され、「都立石神井公園」が誕生している。

「石神井公園」駅周辺では再開発や富士街道から南へ向かう新たな道路の整備が計画されており、今後の利便性向上が期待される。一方、下石神井周辺は都市計画法上の第一種低層住居専用地域で利便性と良好な環境を併せ持つ住宅地が保全されるだろう。

西武池袋線の急行停車駅「石神井公園」駅徒歩圏内

西武池袋線「石神井公園」駅
西武池袋線「石神井公園」駅

下石神井は交通アクセスの利便性も魅力だ。「石神井公園」駅には西武池袋線の快速急行、急行、通勤急行、快速、準急が停車し、利用できる電車の本数が多い。「池袋」駅には約12分、「所沢」駅には約17分でアクセスでき、通勤・通学だけでなく休日のレジャーの際のアクセスも良い。

東京メトロ副都心線、東京メトロ有楽町線直通電車も利用でき、「新宿三丁目」駅や「渋谷」駅、「永田町」駅や「有楽町」駅にもダイレクトアクセスとなる。「渋谷」駅までの所要時間は約38分、「有楽町」駅までの所要時間は約29分だ。

徒歩圏内にスーパーマーケットが充実

夜は22時45分まで営業している「いなげや 下石神井店」
夜は22時45分まで営業している「いなげや 下石神井店」

下石神井は買い物環境にも恵まれている。エリア周辺にはスーパーマーケット「いなげや 下石神井店」をはじめ、日常の買い物に便利なショッピング施設が充実する。

「石神井公園」駅直結の「Emio石神井公園」
「石神井公園」駅直結の「Emio石神井公園」

「石神井公園」駅前の「ピアレス石神井公園」には「クイーンズ伊勢丹 石神井公園店」、「Emio 石神井公園」には「イトーヨーカドー 食品館石神井公園店」もあり、身近で多彩な買い物を楽しめる。

子育てしやすい環境が整う

練馬区は0~3歳の子どもと保護者が利用できる「子育てのひろば ぴよぴよ」を開設するほか、区立図書館で「おはなし会」など子ども向けのイベントを開催するなど子育てしやすい環境が整う。

「練馬区立下石神井小学校」が身近
「練馬区立下石神井小学校」が身近

下石神井周辺でも「清心幼稚園」や「練馬区立下石神井第三保育園」など幼稚園、保育施設が揃うほか、「練馬区立下石神井小学校」、「練馬区立石神井南中学校」も短時間で通学できる場所にあり、子育てファミリーが暮らしやすい環境と言えよう。

「東京学芸大学附属大泉小学校」、「東京学芸大学附属国際中等教育学校」、「早稲田大学高等学院中学部」など人気の教育施設も近い。

エリア周辺ではこの地域に住む子育て中の親が中心となって設立された「NPO未来こどもランド」では子育て広場や学童保育、一時預かりなどの事業を行うなど地域ぐるみで子育てをサポートする体制が構築されていることもうれしい。

緑豊かな「都立石神井公園」が近い

緑が美しい「都立石神井公園」
緑が美しい「都立石神井公園」

下石神井は緑に親しめるスポットも身近だ。とくに「都立石神井公園」では三宝寺池や石神井池の周囲を散策できるほか、石神井池ではボートに乗ることもできる。「都立石神井公園」をはじめ石神井川沿いは桜の名所としても知られ、折に触れて散策すれば季節の移ろいを感じられるだろう。

暮らしの利便性と豊かな自然を併せ持つ練馬区下石神井。ここでは穏やかな暮らしを満喫できそうだ。

あわせて読みたい。関連ページ