東急目黒線「洗足」駅、東急池上線・大井町線「旗の台」駅の2駅3路線を利用できる品川区旗の台六丁目

品川区は東京都の南東部に位置し、都心に近いことから古くからベッドタウンとして発展した。旗の台六丁目は品川区の南西端に位置し、大田区北千束と目黒区洗足に接している。最寄りとなる東急池上線と東急大井町線が交わる「旗の台」駅のほか、東急目黒線「洗足」駅も徒歩圏内で、交通アクセスの利便性に恵まれた住宅地だ。

長い歴史を持つ「旗岡八幡神社」

旗の台の地名の由来になった「旗岡八幡神社」
旗の台の地名の由来になった「旗岡八幡神社」

旗の台という地名は、平安時代に源頼信が現在の千葉県にあたる下総国で起きた大規模な反乱の平定に向かった際、この地で八幡神に戦勝を祈願して源氏の白旗を掲げたことが由来とされている。その後、鎌倉時代に社殿が建てられ、現在も「旗岡八幡神社」として、地域の人々の信仰を集めている。

また「旗岡八幡神社」は江戸時代に武士を中心に信仰を集め、毎年2月15日には各地から集まった武士が弓の腕を競い合っていたという。この競技の後、参加した武士は甘酒を飲んで疲れを癒したことから、現在も「旗岡八幡神社」で「甘酒祭り」が行われている。

大正時代になると旗の台六丁目の北側、今の「洗足」駅周辺では、田園都市開発株式会社が住宅地の開発を行い、1922(大正11)年から洗足田園都市として分譲が始まった。洗足田園都市をはじめ郊外の住宅地は、関東大震災で大きな被害がなかったことから、人気を集めたという。

2駅3路線利用可能

東急池上線と東急大井町線の「旗の台」駅
東急池上線と東急大井町線の「旗の台」駅

旗の台六丁目は交通アクセスの利便性が大きな魅力だ。「旗の台」駅から東急池上線に乗れば、「五反田」駅まで4駅7分と短時間で到着する。「五反田」駅でJR山手線に乗り換えれば「渋谷」駅や「新宿」駅、都営地下鉄浅草線に乗り換えれば「新橋」駅や「日本橋」駅方面にスムーズにアクセスできる。また、東急大井町線を利用すれば「大井町」駅でJR京浜東北線やりんかい線に接続し、お台場方面へのアクセスも良い。

東急目黒線「洗足」駅
東急目黒線「洗足」駅

エリアからは東急目黒線の「洗足」駅も徒歩圏内となる。東急目黒線は「目黒」駅から東京メトロ南北線と都営地下鉄三田線に直通運転が行われており、東京メトロ南北線で「溜池山王」駅や「四ツ谷」駅、都営地下鉄三田線で「日比谷」駅や「大手町」駅など都心部にも乗り換えなしで移動できる。

季節のイベントが楽しい商店街

「オオゼキ 旗の台店」などスーパーマーケットが充実
「オオゼキ 旗の台店」などスーパーマーケットが充実

旗の台六丁目は買い物環境も良い。スーパーマーケットは「オオゼキ 旗の台店」など複数の店が利用できるほか、「旗の台」駅の「旗ヶ岡商店街」や「旗の台東口通り商店街」、「旗の台三丁目商店街」といった商店街での買い物も楽しめる。とくに「旗の台東口通り商店街」では「BON DANCE フェスティバル」をはじめハロウィンやクリスマスなどの季節のイベントが豊富でスケジュールを確かめて出かけるのも楽しみになるだろう。

「東急ストア 洗足店」も使いやすい
「東急ストア 洗足店」も使いやすい

また、「洗足」駅前には夜23時まで営業している「東急ストア 洗足店」があり、東急目黒線利用の際の買い物に便利だ。

東急大井町線沿線には「自由が丘」駅や「二子玉川」駅など人気のショッピングタウン最寄り駅が多く、東急目黒線を利用すれば「目黒」駅周辺のショッピング施設も使いやすい。

子育て施設が充実

「帝京にしき幼稚園」をはじめ幼稚園も近い
「帝京にしき幼稚園」をはじめ幼稚園も近い

旗の台六丁目周辺は「帝京にしき幼稚園」や「品川区立清水台保育園」など幼稚園、保育施設が充実し、子育てファミリーが安心して暮らせる環境が整う。2018(平成30)年4月には「キッズガーデン品川洗足」が開園したほか、2019(平成31)年4月には旗の台二丁目に「空のはねこども園はたのだい」も開園する予定で、選択肢がさらに増えそうだ。

エリア周辺には1928(昭和3)年に「昭和医学専門学校」として設立された「昭和大学 旗の台キャンパス」、1888(明治21)年創立という長い歴史をもつ「香蘭女学校」があり、文教の街としての雰囲気も漂う。

都心にアクセスしやすい場所ながら、閑静な佇まいの住宅地が広がる品川区旗の台六丁目。ここでは穏やかな日々を満喫できるだろう。

あわせて読みたい。関連ページ