DSC_7556

千石緑地

武蔵野台地の先端にあたる白山台地と、指ヶ谷の低地の境界にある、ゆるやかな傾斜地に展開している都会の中で突如現れる緑地。元々は一橋徳川家が所有していた樹林地だった。12代故徳川宗敬氏は、国土緑化推進機構の理事長として活躍され、都市内の自然林の保存に努めてきた。1989(平成元)年に、可能な限り樹林域を末永く残すことを条件に、当地が区に寄付された。そこで文京区では、その意向に沿い、都市内の貴重な樹林を保全するとともに、区民が自然に親しめるように、1994(平成6)年に「千石緑地」として設置し、限定開放している。こんもりとした木立のなかでもムクノキは区内でも有数の巨木で、その樹齢は100年以上と推定されている。春になると、葉が開くと同時に淡緑色の小さな花をつけることになる。樹林や植物が傷つけられたり、林床が踏み固められたりすることを防ぐために浮橋状の木製園路が設置されており、その園路を歩くと自然の中を一周できるようになっている。

千石緑地
所在地:文京区千石1-6 
http://www.city.bunkyo.lg.jp/bosai/midor..


本記事は、(株)ココロマチ が情報収集し、作成したものです。
記事の内容・情報に関しては、正確を期するように努めて参りますが、内容に誤りなどあった場合には、こちらよりご連絡をお願いいたします。 (メールアドレスとお問い合わせ内容は必須です)
当社では、個人情報保護方針に基づき、個人情報の取扱いについて定めております。 ご入力いただきました個人情報は、これらの範囲内で利用させていただきます。
尚、各店・各施設のサービス詳細につきましてはわかりかねます。
恐れ入りますが、各店・各施設にて直接ご確認ください。
×

Comments are closed.