多彩なお店が並ぶ地蔵通り沿いを歩いてみました!

どこか懐かしい雰囲気が残り、温かいふれあいを感じながら買い物を楽しめる「江戸川橋地蔵通り商店街」。今回は商店街がある通り沿いを歩いて、どんなお店があるのかを調べてきました。

「江戸川橋地蔵通り商店街」
「江戸川橋地蔵通り商店街」


まず最初に紹介するのは、家族で行くことができそうな洋食のお店「Raisin(レザン)」。子どもが大好きなメニューからお酒と一緒に楽しめるおつまみ系のメニューまで揃っています。テラス席もあるので、心地よい風を感じながら食事をすることもできます。

「Raisin(レザン)」
「Raisin(レザン)」

テラス席もあります

「Raisin(レザン)」
「Raisin(レザン)」


「on the corner(オンザコーナー)」は、店内にたくさんのレコードと漫画がある山小屋風の喫茶店。昭和の雰囲気が漂う時間の流れがゆっくりとした空間となっています。コーヒーやソフトドリンクと合わせて、同店オリジナルのブラックカルピスとローズカルピスなる、気になるメニューもありました。「Asiatique(アジアティーク)」はインドやタイなどの各国シェフが作るアジアン料理のお店。現地で調達したスパイスや食材を使用して、本格的な味を味わうことができます。

名物ブラックカルピス!

「on the corner(オンザコーナー)」
「on the corner(オンザコーナー)」

「Asiatique(アジアティーク)」
「Asiatique(アジアティーク)」


続いてお邪魔した「nove,(ノーヴェ)」は2017(平成29)年9月にオープンしたばかりのイタリアンのお店です。店内はコンクリート打ちっぱなしのスタイリッシュな空間となっています。メニューは前菜やパスタ、ピッツァなど種類豊富です。

オシャレな空間!

「nove,(ノーヴェ)」
「nove,(ノーヴェ)」

「nove,(ノーヴェ)」
「nove,(ノーヴェ)」


「旬菜おかずやOKKO」は、ご夫婦で切り盛りするお惣菜のお店。お弁当のほか、一品惣菜も種類豊富に並んでいるので、夕飯にもう一品ほしいと思った時にお惣菜を買い足すこともできそうです。

「旬菜おかずやOKKO」
「旬菜おかずやOKKO」

おいしい惣菜が並ぶ

「旬菜おかずやOKKO」
「旬菜おかずやOKKO」


イタリア食材のお店「ヴォング スタイオ」では、イタリア人オーナーが現地で調達した、なかなか日本ではお目にかかることの少ない食材も多く取り扱っています。近くには姉妹店の「イタリアンバール ブォングスタイオ」があり、こちらのお店で扱う商品を、リーズナブルな価格でいただくこともできます。

見たことのないパスタがたくさん

「ヴォング スタイオ」
「ヴォング スタイオ」

「ヴォング スタイオ」
「ヴォング スタイオ」


昔ながらのお店もあります。鮮魚店の「魚金」はずっとこの通りで営業を続けるお店です。たいやきの「江戸川橋 浪花屋」は、おやつに買っていく人や、散策のお供に買っていく人などで、いつも賑わっています。

「魚金」
「魚金」

おやつにぴったり!

「江戸川橋 浪花屋」
「江戸川橋 浪花屋」


商店街の入り口近くにある「喜作」では、手焼きのお煎餅を販売しています。炭火で焼かれる焼き立てのお煎餅は香ばしくて何枚でも食べられそうです。

炭火のすごい熱気!

「喜作」
「喜作」

「喜作」
「喜作」


通り沿いには、ほかにもまだまだたくさんのお店が軒を連ねています。夕方になると地元の方々で賑わい、とても賑やかな様子に。毎月第4日曜日には、青空マルシェも開催されているので、遊びにいってみてはいかがでしょうか。


発見ポイント!

「江戸川橋地蔵通り商店街」
「江戸川橋地蔵通り商店街」

  • (1)昔ながらの雰囲気が残る活気あふれる商店街!
  • (2)老舗から新進のお店まで、多彩なジャンルのお店が集まる!
  • (3)おいしいグルメのお店もたくさん!
本記事は、(株)ココロマチ が情報収集し、作成したものです。
記事の内容・情報に関しては、正確を期するように努めて参りますが、内容に誤りなどあった場合には、こちらよりご連絡をお願いいたします。 (メールアドレスとお問い合わせ内容は必須です)
当社では、個人情報保護方針に基づき、個人情報の取扱いについて定めております。 ご入力いただきました個人情報は、これらの範囲内で利用させていただきます。
尚、各店・各施設のサービス詳細につきましてはわかりかねます。
恐れ入りますが、各店・各施設にて直接ご確認ください。