東京カテドラル聖マリア大聖堂

「東京カテドラル聖マリア大聖堂」は、1900(明治33)年創立の「カトリック関口教会」の教会堂、かつ、カトリック東京大司教区の司教座聖堂(カテドラル)でもある。東京都文京区関口にある。聖マリアというネーミングは、聖堂が「無原罪の聖母(マリア)」に捧げられていることに由来している。1899(明治32)年に建てられた最初の聖堂は木造のゴシック様式の建物だったが、1945(昭和20)年の東京大空襲で焼失。現在の大聖堂は建築家 丹下健三氏の設計で、1964(昭和39)年に落成。ドイツのケルン教区の支援により建設された。

東京カテドラル聖マリア大聖堂の高さは、39.4メートル。8面の双曲抛物面を垂直に近く立てた構造は、一大十字架形をかたちづくったもの。外装のステンレス張りの輝きは、社会、人心の暗闇を照らすキリストの光を思わせる。

東京カテドラル聖マリア大聖堂
所在地:東京都文京区関口3-16-15
電話番号:03-3941-3029
http://cathedral-sekiguchi.jp/cathedral/

詳細地図

本記事は、(株)ココロマチ が情報収集し、作成したものです。
記事の内容・情報に関しては、正確を期するように努めて参りますが、内容に誤りなどあった場合には、こちらよりご連絡をお願いいたします。 (メールアドレスとお問い合わせ内容は必須です)
当社では、個人情報保護方針に基づき、個人情報の取扱いについて定めております。 ご入力いただきました個人情報は、これらの範囲内で利用させていただきます。
尚、各店・各施設のサービス詳細につきましてはわかりかねます。
恐れ入りますが、各店・各施設にて直接ご確認ください。
×

Comments are closed.