河川部に位置する芝生公園

東品川海上公園

東品川海上公園
東品川海上公園

京浜急行線「新馬場」駅、「青物横丁」駅から徒歩15分ほどの距離にある「東品川海上公園」。1995(平成7)年から整備を進め、2007(平成19)年3月に全面オープンした。目黒川が天王洲南運河に注ぎ込む河川部に位置するので、水辺ならではの心地よい風を感じる公園となっている。

子どもに大人気のくじらを模した滑り台
子どもに大人気のくじらを模した滑り台

ロケーションの良さを感じるデッキが設けられているほか、アイル橋で繋がっている北側の一画には、クジラをモチーフにした遊具を設置。これは一帯がまだ海だった江戸時代、迷い込んだクジラを漁師が捕まえたというエピソードに因むもので、近代的な街のなかで出会えるひとつの歴史でもある。

「しながわ運河まつり」
「しながわ運河まつり」

また、公園ではイベントも開催される。訪れた日は、品川へ移住してきたメンバーが大半で、地元との結びつきを強めながら、次世代により良い街を受け渡そうという思いで活動中の「なぎさの会」が実行委員会を務める「しながわ運河まつり」が行われており、模擬店やフリーマケット、運河クルーズ、熱気球係留飛行、ステージイベント、全国物産展などさまざまなイベントが開かれていた。

春には桜も楽しめる
春には桜も楽しめる

運河沿いに整備された緑あふれる公園は、高層ビルが建ち並ぶ品川シーサイドエリアで、近隣住民はもちろん、立ち寄った人々の憩いの場ともなっている。

東品川海上公園
所在地:東京都品川区東品川2-6-22、3-9-21 
http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/hp/me..

詳細地図