懐かしさと店主の情熱がこもった洋食の味

洋食亭 おおはし

「大森」駅から徒歩4分、ショッピングモールの先にある「洋食亭 おおはし」は、オムライスやナポリタンといった定番からちょっぴり贅沢な煮込み料理まで幅広いメニューを取りそろえた洋食店だ。「大森で洋食といえばおおはし」というファンも少なくないほど、地元で親しまれている。

洋食亭 おおはし
洋食亭 おおはし

店を営むのは大森生まれの大森育ちである大橋一公さん。20代の頃、アルバイトをしていた喫茶店のマスターが働く姿に憧れて、飲食業を志した。前身のスパゲティ店を経て、「洋食亭 おおはし」を2000(平成12)年にリニューアルオープン。以来、食の安全・安心にこだわりながら、地元の人たちが気軽においしい洋食を食べられるようにと、納得のいくものを適正価格で提供するという姿勢を貫いてきた。

付け合せからソースまですべて手作りという洋食はどれも、懐かしさの中にプロの技が冴える味。じっくり煮込んだ自慢のデミグラスソースと吟味された牛肉が口の中でとろける看板メニューの「芳醇ビーフシチュー」をはじめ、一つひとつ手ごねで作る「おおはし風煮込みハンバーグ」、ふわふわ玉子とチキンライスの相性が抜群の「トロトロ玉子のオムライス」など、食べたかった“あの味”が至福の時間を与えてくれる。奥様お手製のタルタルソースがたっぷり添えられたフライメニューも評判だ。

店内カウンター
店内カウンター

きさくな雰囲気の店内にはカウンター席とテーブル席6つ。壁には大橋さんの亡き父上が好きだったという絵画が数点かけられ、明るい印象を醸している。営業日は終日、店を開けているので、いつ訪れても空腹をやさしく満たしてくれるだろう。

「芳醇ビーフシチュー」
「芳醇ビーフシチュー」

ファミリーやサラリーマン、男性の一人客など常連が大半という客層にあって、「一回一回真剣勝負」で料理に向き合うという大橋さん。そんな実直な姿勢は食べる側にも通じ、「お客様とは言葉を交わさなくても、“今日もおいしかったよ”と目と目で会話を交わします」。

じっくりと煮込んだデミグラスソース
じっくりと煮込んだデミグラスソース

若いころ、フォークシンガーを目指していたという大橋さんは、今も時々地元のフォーク酒場でステージに立つアマチュアシンガーでもある。「それは別の顔」と笑いながら、「フランチャイズにはない、味の向こう側にある作り手の心を感じてもらいたい」と真心を込めて厨房で腕を振るう姿には、「派手さはないけれど、住みやすい街」と語る大森への愛があふれている。

洋食亭 おおはし
所在地:東京都大田区大森北1-29-6
電話番号:03-5493-5133
営業時間:11:30~15:00、18:00~22:00 ※土・日曜日、祝日の夜の部は17:00~
定休日:金曜日
http://www.youshokutei-oohashi.com/

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ