周辺散策レポート

『プレシス三軒茶屋』周辺の生活環境を検証してみました!

東急田園都市線「三軒茶屋」駅、東急東横線「学芸大学」駅の2路線にアクセスできる『プレシス三軒茶屋』。田園都市線の急行利用だと「渋谷」駅まで1駅の好立地にあるため、通勤・通学はもちろん、休日のショッピングやレジャーにも便利なエリアにあります。一方で、そんな都会だと日々の生活をゆったりと送れるのかという疑問も。子育て環境としてはどうなのかも気になるところです。そこで、「三軒茶屋」駅から、建設中の『プレシス三軒茶屋』を経て、「学芸大学」駅までを実際に歩いてみることで、暮らしやすさを検証してみました。

蛇崩川緑道
蛇崩川緑道

東急田園都市線「三軒茶屋」駅を出ると、目の前には街のランドマークともいえる「キャロットタワー」がそびえ、「世田谷パブリックシアター」で上演中のお芝居のポスターもたくさん貼られていました。その前を走るのが玉川通り(国道246号)と、それに交差するように走る世田谷通り。共に幹線道なだけあって、交通量は多いものの、歩道が整備されているので安心して歩けます。

駅前で観劇も

三軒茶屋のランドマーク「キャロットタワー」
三軒茶屋のランドマーク「キャロットタワー」

国道246号と世田谷通りが交差
国道246号と世田谷通りが交差


駅の北側にはスーパーマーケット「西友 三軒茶屋店」があり、こちらは年中無休で、食料品売り場は24時間営業。共働き家庭でも、「西友」の“KY(価格・安く)”商品が手に入るのは、経済的にもありがたいですね。お惣菜やお弁当も充実していました。
駅から国道246号沿いに『プレシス三軒茶屋』が建設される下馬三丁目方向に歩き始めると、ノスタルジックな光景が。「駒の湯」という銭湯の煙突でした。世田谷区には約30もの銭湯があり、昔ながらのコミュニティスペースとして愛されているそうです。そのほか「ファッションセンターしまむら三軒茶屋店」や24時間営業の「マルエツ 中里店」といった商業施設も国道246号沿いにあり、会社帰りの買い物に便利です。

駅から徒歩1分の場所に「西友 三軒茶屋店」
駅から徒歩1分の場所に「西友 三軒茶屋店」

「世田谷郵便局」向かい

駐車場も整っている「マルエツ 中里店」
駐車場も整っている「マルエツ 中里店」


地域コミュニケーションという点では、たとえばママ友とランチを楽しめる場所もチェックしてみましょう。まず、駅前の「キャロットタワー」26階は無料の展望室に加え、「オークラレストラン スカイキャロット」もあり、「駅近ながら意外と穴場」と評判。地上126メートルから、新宿の高層ビル群をはじめ、「東京スカイツリー」や「東京タワー」などを望めます。また、「三軒茶屋」駅から徒歩2分の場所にはママ会に人気の「パンケーキママカフェVoiVoi」があり、子ども用の椅子や10歳以下の子どもが対象のメニュー「キッズパンケーキ」も用意されています。どちらもゆったりできる雰囲気でした。

「オークラレストラン」もある

眺望が抜群な「キャロットタワー」26階展望室
眺望が抜群な「キャロットタワー」26階展望室

人気のパンケーキ店

パンケーキママカフェVoiVoi
パンケーキママカフェVoiVoi


国道246号を左折して住宅街に入ると、その落ち着いた街の佇まいに驚かされます。それまで、交通量の多い道を歩いていたのが別世界のよう。「上馬公園」「野沢二丁目公園」など、公園も豊富。世田谷区の公園数は、大規模な「世田谷公園」「駒沢オリンピック公園」「砧公園」など大小合わせて、400カ所以上あるのです。
下校時間には「世田谷区立旭小学校」の誘導や見守りの人を見かけました。学校周辺の治安にも目を配っているのが伝わってきます。

物件の並びにある「鶴が久保公園」
物件の並びにある「鶴が久保公園」

『プレシス三軒茶屋』建設予定地
『プレシス三軒茶屋』建設予定地


それでは、『プレシス三軒茶屋』周辺をさらに詳しくチェックしてみましょう。物件からも見える約100メートルの場所に、22時まで営業している「信濃屋 野沢店」が。お隣には「トモズ 野沢店」があり、21時まで営業しています。この近さは日常的な買い物に使えそうですね。「信濃屋 野沢店」がある通りの斜め向かいには「中丸小学校バス停」の看板も。三軒茶屋はもちろん、渋谷、目黒、中目黒行きのバスも出ています。
バス停の向かいは「いなみ小児科」。住宅街にはクリニックが点在している一方で、「東京医療センター」「自衛隊三宿病院」といった入院施設のある地域の中核病院もあります。「自衛隊三宿病院」が一般の利用も可なのは意外でした。世田谷区は、子育て支援として15歳までは医療費が実質無料というのも、かなり嬉しい行政サービスです。

「信濃屋 野沢店」と「トモズ 野沢店」
「信濃屋 野沢店」と「トモズ 野沢店」

「中目黒」駅や
JR駅への路線も

「中丸小学校」バス停と「いなみ小児科」
「中丸小学校」バス停と「いなみ小児科」


『プレシス三軒茶屋』は「東京学芸大学附属高等学校」の西側に位置する高台にあり、このエリアは「世田谷区立中丸小学校」「世田谷区立駒留中学校」「日本大学 三軒茶屋キャンパス」などの教育施設が集まる文教エリアとなっています。地域のコミュニティ活動や文化活動の拠点「下馬区民集会所」が併設されている「下馬鳩ぽっぽ保育園」も近くにありました。物件の西側には「野沢児童館」、国道246号近くの「昭和女子大学附属昭和中学校・高等学校」周辺にも区が運営委託する子育て支援施設が点在しています。多機能型子育て支援拠点施設「子育てステーション」や、子育て相談や子育て情報が収集できる交流の場「おでかけひろばSHIP」など、世田谷区は積極的に“保育の質向上”を推進しているようです。

屋外グランドや工作室あり!

「区立旭小学校」の東側には「野沢児童館」
「区立旭小学校」の東側には「野沢児童館」

物件より徒歩約2分

「下馬中央公園」隣接の「世田谷はっと保育園」
「下馬中央公園」隣接の「世田谷はっと保育園」


「駒繋神社」隣りの「駒繋公園」
「駒繋神社」隣りの「駒繋公園」

「東京学芸大学附属高等学校」の北側、東西に伸びる「蛇崩川緑道」は、地元では桜の名所。緑道沿いには「世田谷山観音寺」や「駒繋神社」などの寺社仏閣もあります。「駒繋神社」の名は、平安時代の武将・源義家にも由来している下馬の鎮守社。乳児から幼児へと赤ちゃんの成長を祝う「一心泣き相撲」という催事も行われています。
もともと世田谷区は、約3万2000年前の旧石器時代から人が住んでいた痕跡が残っており、区内で発見されている遺跡は約300カ所。この土地の住みやすさを歴史が証明してくれているように感じました。


東急東横線「学芸大学」駅周辺にも足を伸ばしてみました。駅近くの駒沢通り以外は、交通量が少ない住宅街のフラットな道を歩いていけるのも魅力の一つです。「学芸大学」駅改札前には「東急ストア 学芸大学店」、駅周辺は元気な地元商店街が広がっています。おしゃれな雑貨店やカフェなど、ゆったりと散策したいショップも多数点在。また、0歳児からの入店もOKで、ママ友の口コミでも人気の「ラ フォンターナ アッヅッラ」、家族で気軽にフレンチを味わえる「ロッジビストロSARU」など、名店もいっぱい。週末のショッピングやグルメを楽しめるエリアです。商店街のフラグには「子どもみまもり商店街」という文字が踊っていました。子育てファミリーを温かく見守ってくれる風土が根付いている環境なのです。

駅前の「東急ストア 学芸大学店」
駅前の「東急ストア 学芸大学店」

ママ友にも人気

ロッジビストロSARU
ロッジビストロSARU


発見ポイント!

キャロットタワー展望台から物件方向を望む
キャロットタワー展望台から物件方向を望む

  • (1)東急田園都市線「三軒茶屋」駅、東急東横線「学芸大学」駅の2路線が利用できる!
  • (2)個性的な商業施設が立ち並ぶ駅前の賑わいと、一方で緑豊かな住宅街エリアの穏やかさが魅力!
  • (3)「東京学芸大学附属高校」をはじめ、私立大学・高校・公立の小中学校が集まっている、高台の文教エリア