三囲神社

三囲神社

隅田川のほとりに建つ「三囲(みめぐり)神社」。社名は平安時代初期、僧侶が地中の壺から白狐にまたがる神像を得ると、白狐が現れ、神像の回りを三度回って消えたという故事に由来する。1693(元禄6)年の干ばつ時には、俳人・宝井其角が雨乞いの句を詠んで奉納すると翌日大雨が降ったといい、その霊験は江戸中に広まったという。「囲」の文字が「三井を守る」と考えた伊勢の豪商・三井家は、江戸における守護社と定めて代々崇敬。境内の一角には、没後100年を経た三井家当主たちの霊を祀る「顕名霊社」もある。

三囲神社
所在地:東京都墨田区向島2-5-17 
http://visit-sumida.jp/spot/6087/

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ

PR:押上の新築分譲マンションをご紹介
アトラス押上 桜花テラス

PR

『アトラス押上 桜花テラス』
輝く日々を手にするキセキの出逢い。

東京を自在に使いこなす、3駅5路線の快適アクセス。
眼前に佇む三大名所に心酔する。
春には隅田川に咲き誇る桜の光景を、
夏には夜空を彩る一大イベント「隅田川花火大会」
そして、この地にそびえる新たなランドマークとなる東京スカイツリー®の輝きを享受する邸宅


TOP