宇宙を身近に感じられるスポット

国立天文台 三鷹キャンパス

国立天文台 三鷹キャンパス
国立天文台 三鷹キャンパス

天文観測・研究を行う国立天文台の本部。すばる望遠鏡(ハワイ)や、アルマ望遠鏡(チリ)など、国内外に世界最先端の観測施設を擁し、天文学および関連分野の発展のために活動している。三鷹キャンパスの一部は2000(平成12)年7月より常時公開されていて、国の登録有形文化財である「天文台歴史館」や「第一赤道儀室」などの歴史的な建物をはじめ、図書室や食堂・売店(平日のみ)などが公開されている。少人数での見学は申し込み不要。定例イベントは事前申込制で、「50センチ公開望遠鏡」での観望会を月に2回、また、「4D2Uドームシアター」の公開を月に4回行っている。

国立天文台 三鷹キャンパス
所在地:東京都三鷹市大沢2-21-1 
電話番号:0422-34-3600(代表)
見学時間:10:00~17:00(最終入場16:30)※年末年始は見学不可
https://www.nao.ac.jp/

詳細地図